10月スタートの連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)で、ダブル主演の新木優子さんと高良健吾さんがこのほど、クランクインした。この日は、新木さん演じるユリカがボートに乗り、高良さん演じるマコチとの思い出を一人で振り返るシーンや、ユリカとマコチがかつてボートに乗ってデートしていた時の“ドキドキの回想シーン”などが撮影された。

 回想シーンの撮影では、ユリカがボート内で後ろに倒れこむ場面があり、高良さんがスタッフに「何か後ろに敷くものはありませんか?」と気遣ったり、撮影の合間にはボート上にて2人で楽しげに会話したりするなど、まるで本当のカップルのようだったという。第1話の大切なシーンの一つということで、何度も何度も2人と並木道子監督で細かい確認を行いながら撮影を進め、夕暮れまで及んだ2人のシーンは無事終了。3カ月以上にわたるドラマ撮影がスタートを切った。

 ドラマは、マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作。27歳のユリカは、就職したのをきっかけに生まれたすれ違いが原因で、当時交際していたマコチと破局。その後、ユリカは“クズ男”2人と付き合ったことが原因で、“モトカレ”との幸せな日々を思い出して、妄想の日々を過ごすことに。しかし、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。それは、モトカレのマコチとの再会だった……というストーリー。10月17日から毎週木曜午後10時放送。初回は15分拡大。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});