横澤夏子【撮影:竹内みちまろ】
  • 横澤夏子【撮影:竹内みちまろ】
 25日放送の『バイキング』(フジテレビ)では吉本興業の闇営業を発端とするお家騒動で、極楽とんぼの加藤浩次が自身の退社をかけて事務所の上層部に退陣を求めている件を取り上げた。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 この日番組に出演したフリーアナウンサーの徳光和夫は加藤が事務所トップの退陣を求めていることに対して「この発言はどうなのかなと思う」と言い「(吉本を)変えなければダメだって言ってますけど、何をどのように変えるのか、これも全然見えてこない」とコメント。

 薬丸裕英はお家騒動については「よそ様の事務所のことなんて語れない」と前置きした上で、「でも1つ思うのはなんで加藤くんがここまで背負わないといけないのっていうこと」「彼は男気があるからこうやってやってるかもしれないけど、本来はやらせちゃダメ。経営陣も会社をなんとかしたいと思っているなら、もっといろんな形で動いてあげないと」と訴えた。

 吉本興業所属のフットボールアワー・後藤輝基は加藤には「辞めて欲しくないというのは僕も思います」と言い「人のことを熱を持って言える方ってなかなかいてはらないと思いますから、辞めるとは言っていただきたくない」とコメント。相方の岩尾望は「ここまでなることかな」と疑問を口にしていた。

 また、同じく吉本興業の横澤夏子は同社が多くの劇場を抱えていることについて触れ、「(劇場は)お客さんが集まる場所でってなると、お客さんはどういう気持ちでネタを見ればいいんだろうってなる」と言い「吉本内でのいざこざは早く終わらせてほしい」と切実な思いを語った。
《松尾》