俳優の小栗旬さんが7月25日、東京都内で開催された主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督、9月13日公開)のジャパンプレミアに出席。今作で、太宰治を演じた小栗さんは「(オファーを受けて)うれしかったです。できあがった脚本を読ませていただいたら、大変そうだなって思ったけど、やらなかったら役者としてどうなのかなと思うぐらい素晴らしくて、やってよかったです」と語った。

 イベントには、沢尻エリカさん、二階堂ふみさん、成田凌さん、蜷川監督も出席。今作では、太宰と正妻・美知子(宮沢りえさん)、愛人の静子(沢尻さん)、愛人で最後の女・富栄(二階堂さん)との関係などが描かれている。

 太宰を演じた感想を聞かれた小栗さんは「楽しかったです、楽しい半分、しんどい半分」と明かし、「沢尻さんとは素晴らしいラブストーリーをやらせていただきましたし、ふみちゃんとはドロドロとした話がありましたし、(成田さん演じる編集者の)佐倉君には大体文句を言っていて。すてきな楽しい時間を過ごせてもらい、後半に向けて、太宰が追い込まれていくので、それも楽しんでもらったら」と笑顔で話した。

 また、今作が、今年9月に開催されるベネチア国際映画祭の公式イベント「ジャパン フォーカス」に出品されることが発表されると、蜷川監督は「たくさんの方に見てもらえるのは、すごくうれしいので、すごく楽しみです。国を超えて見ていただける作品で、太宰のことを知らなくても楽しめると思います」と喜びを語った。

 小栗さんも「すごくうれしいです。すごく日本を感じられる作品ですので。(太宰がかつて住んでいた)昔の三鷹の町並みを、京都で撮影したんですけど、改めて見るとすごくいい絵です。日本の文化じゃないと生まれなかった作家だと思うし、作家と編集の関係みたいなものも、日本独特だと思うので、海外の人がどう楽しんでくれるのか、興味があります」と語っていた。

 映画は文豪・太宰治の遺作「人間失格」の実写化ではなく、「人間失格」の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクションとして映画化。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描く。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});