フランスの少年マンガが原作のテレビアニメ「ラディアン」第2シリーズの試写会が9月27日、東京都内で行われ、主人公の少年セトの声優を務める花守ゆみりさん、オホコ役の渕上舞さんが登場した。渕上さんと花守さんは同じ事務所の先輩・後輩といい、渕上さんはセトを演じる花守さんを見て「花守ゆみりの印象ががらりと変わった。しっかり芯のあるお芝居をする。私も負けてられないと思い、闘争心、ライバル心が生まれた」と語った。

 渕上さんは、これまで花守さんに対して「ちっちゃい女の子、可愛い女の子を演じている印象が強かったので、『ラディアン』の収録ですごくギャップを感じている」と話した。これに対して花守さんは「先輩にそう言われてありがたい。舞さんは、静かで淡々としているけど、内側に熱が流れているキャラクターを演じている印象。事務所の先輩と同じ現場で仕事ができるのがすごくうれしいです」と語った。

 続けて、花守さんは渕上さん自身にも静かなイメージが強かったといい、アフレコでは、戦うシーンなどのオホコを演じる渕上さんを見て「『舞さんが人の首を絞めている!』『舞さんが怒っている!』と思いながら見ている」と話し、笑いを誘っていた。

 「ラディアン」は、トニー・バレントさんのマンガが原作。魔法使い見習いの少年・セトが、怪物・ネメシスの巣があるという伝説の地“ラディアン”を探す旅に出る……というストーリー。

 テレビアニメ第1シリーズがNHK・Eテレで2018年10月~2019年2月に放送された。「Angel Beats!」「暗殺教室」などの岸誠二さんが監督を務め、ラルケが制作した。第2シリーズはEテレで10月2日から毎週水曜午後7時25分に放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});