「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
  • 「世界コスプレサミット2019」オープニングセレモニーの様子
2019年7月26日、東京ドームホテルにて「世界コスプレサミット2019」のオープニングセレモニーが開催された。
7月27日から8月4日にかけて東京と名古屋で行われるイベントに先駆け、各国代表のコスプレイヤー77名が集結。作品愛にあふれたパフォーマンスで会場を魅了した。

20秒とは思えない圧巻のパフォーマンス



OPムービーの上映後、さっそく各国代表コスプレイヤーが登壇。セレモニーに参加した39か国のコスプレイヤーがステージを華やかに埋め尽くしていく。


とくに『僕のヒーローアカデミア』などジャンプ作品のコスプレが多く、人気の高さをうかがわせた。


ロシア代表が披露した『ユーリ!!! on ICE』のユーリ・プリセツキーなど、キャラクターの出身国に合わせたチョイスも。各組20秒という短い時間でありながら最大限のパフォーマンスを見せ、報道陣からも感嘆の声が漏れる。


終盤で登場したインドネシア代表は『ワンピース』のルフィのコスプレで側転を披露し、会場を盛り上げた。

「コスプレイヤーの晴れ舞台を最後まで見守って」



続いて世界コスプレサミット実行委員会の小栗徳丸委員長が登壇。
「日本のアニメ、マンガ、ゲームなどは、海外において日本文化の入り口となっている。世界コスプレサミットではコスプレイヤーとともに、このソフトパワーをもっと盛り上げていく」と、今年で17年目となるイベントへの熱い想いを語る。

さらに「各国代表となるためには、何年もかけて衣装を作ったりパフォーマンスを磨いたりして、予選を勝ち抜く必要がある。今ここに立っているコスプレイヤーたちの晴れ舞台を最後まで見守ってほしい」と、来場者にメッセージを送った。

「コスプレには言葉も国境も関係ない」



来賓あいさつを務めたのは外務省の志野光子国際文化交流審議官。
冒頭では7月18日に発生した京都アニメーション放火事件に触れ、世界各国からの支援に対し感謝の意を述べる。
「この悲しみを乗り越え、日本アニメの魅力がさらに世界中の人々に伝わるよう活動していく」と宣言すると、会場からは温かい拍手が送られた。

さらに海外勤務時代に訪れたコスプレイベントを思い返し、「衣装を着て決めポーズや決め台詞を披露するだけで、言葉や国境を越えてエールを送り合うことができる」とコスプレの魅力を語った志野。
「このイベントを通して体験したことを、帰国後も周囲の人に共有してもらえると嬉しい」と、今後も日本とコスプレイヤーの交流が続くことを願った。


最後に会場全員で世界コスプレサミットの合言葉である「コスプレ エヴリウェア!」と声を合わせ、イベントの開会を宣言した。


オープニングセレモニー後、ドイツ代表コスプレイヤーであるFederさんとCitaさんに話をうかがった。
ジブリ作品を中心にコスプレをしているという2人は、『千と千尋の神隠し』の衣装で登場。「物語を通して千尋が成長し、自信をつけていく姿に心を打たれた」と、この作品を選んだ理由を語った。さらに「アニメやゲーム、マンガには世代を超えて受け継がれるような魅力がある」とあふれんばかりの愛を語り、今後のイベントへの期待をにじませた。

東京から名古屋へ。今年の王者に輝くのは?



7月27日、28日には、「世界コスプレサミット2019 in TOKYO」が東京ドームシティにて行われる。名古屋発の本イベントが東京で開催されるのは初めてだ。
チャンピオンシップ参加国は過去最多となる40カ国。オープニングセレモニーで身に着けたものとは別の衣装を披露する予定だ。東京会場と名古屋会場での審査を経て、王者となる1組を決定する。
コスプレイヤーでなくても参加できる催しもあるため、ぜひ間近で衣装やパフォーマンスを目撃してほしい。
《ハシビロコ》