この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

大股歩きのダイエット効果とやり方

普通に歩くより、少し歩幅を広くして歩く大股歩き。そんなお手軽な大股歩きのダイエット効果はご存知でしょうか?もし、知らないならもったいない!

今のうちに大股歩きで得られる嬉しいダイエット効果をチェックしてみましょう。難しいとされている部分痩せや、骨盤の矯正など、女性がさらに美しくなる効果がたっぷり詰まっています。

時間もお金もかけず、きれいなボディラインが手に入る大股歩きは今すぐ始められる嬉しい痩せ習慣。嬉しい効果をしっかりと引き出すには、正しい歩幅とフォームが必要不可欠です。

あなたの歩幅は何センチ?

「歩幅が小さい」の解消法

屋外を裸足で歩く習慣をつける。土、砂、砂利の上、芝生の上。足裏の感覚を研ぎ澄ませて情報を脳に送る練習。いずれ恐怖心が払拭され、平地で颯爽と歩けるように。

テニスボールに足を乗せ、足のアーチに沿ってコロコロ転がす。大股で歩くためには一歩ずつアーチをしっかり潰す必要がある。なのでマッサージによるアーチづくりも必須。

ただ痩せるだけじゃない!美しく痩せる大股歩きのダイエット効果

大股歩きがダイエットに効果的だと言われている理由は、普通の歩き方よりも全身の筋肉を効果的に動かすことで効率的に脂肪燃焼ができるから。

さらに、痩せやすい体作りに欠かせない骨盤を鍛えることができるのが、大股歩きの魅力です。

1分間の消費カロリー300kcal消費する時間
ぶらぶら歩き2.6kcal116分
普通歩き3.2kcal95分
大股歩き3.7kcal81分
大股早歩き5.6kcal54分

骨盤矯正で女性の悩みも解消

ずっと大股で歩くのは難しいので、僕は「あの信号まで大股で歩こう」とか、「この音楽が終わるまで大股で頑張ろう」と決めて、メリハリをつけて歩くようにしています。まずは日常の歩きから取り入れてみてください。

骨盤を意識して大股歩きをすると、

骨盤の歪みや広がりを矯正
猫背や巻き肩など姿勢の改善
骨盤周りのインナーマッスルを刺激し、腰回りやお腹周りの引き締め
脚が長く、スタイルアップして見える

といった嬉しい効果揃い。

骨盤をしっかり正しい位置に立てて歩く癖をつければ、姿勢を保つ働きのある骨盤周辺の腸骨筋(ちょうこつきん)や腸腰筋(ちょうようきん)など、インナーマッスルが刺激されます。

骨盤周辺のインナーマッスルを鍛え、骨盤を矯正することで、

便秘解消
生理痛緩和
下半身が痩せやすくなる
O脚・X脚の改善

などの嬉しい効果もあります。

むくみ解消!?

大股歩きによって、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉がより効果的に働きます。

そのため、足先にたまりがちな体内の水分がきちんと心臓へと送り返され、むくみの発生を予防してくれると言われてます。

引き締め効果!?

大股で歩くことにより上半身が不安定になり、それを補うために腹筋やわき腹などウエスト周りの筋肉が使われることになります。

そのため筋肉が刺激されて引き締め効果が表れます。

カロリー消費の痩せ効果とともに特にウエストのくびれ効果 などうれしい効果が期待できます。

引き締まった美しい美脚に

大股歩きをすることで、

太ももの前側と後ろ側を同時に引き締める
ふくらはぎをすっきりさせる
脚全体のむくみの解消

が期待できます。

姿勢改善!?

試しに大きな一歩を踏み出してみてください。背中が少し後ろに反ってまっすぐに伸びませんか?猫背のままだと、歩幅を大きく取るのが難しいのです。

1.3倍の大股歩きを繰り返すことで、自然と猫背が矯正されて、姿勢がよくなりますよ。

ヒップアップ効果で美尻に

ヒップの位置は、年齢を重ねるにつれ、筋力不足で重力に引っ張られるように下がっていく部分。大股歩きを習慣化すれば、1年で3cmのヒップアップも夢ではありません。

ある研究所では、3ヶ月間大股歩きをする実験をしたところ、女性のヒップの高さが平均5mmアップするという結果が出ました。さらに、この実験を1年間続けたところ、3cmのヒップアップの効果が出ています。

正しい歩幅&フォームが重要!大股歩きの正しいやり方

身長によって違う適正な歩幅

だいたいの身長別に、目安となる歩幅をまとめると以下の表のようになります。

身長歩幅(小数点以下切り捨て)
150cm 67~75cm
155cm 69~77cm
160cm 72~80cm
165cm 74~82cm
170cm 76~85cm

正しい歩き方のフォーム

歩き出す前に姿勢を良くするためのポイントは、

視線を前方にする
頭を空から真っ直ぐに吊り上げられている気持ちで背筋を伸ばす
腹筋に力を入れる

の3つ。

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});