桐生祥秀 (c)Getty Images
  • 桐生祥秀 (c)Getty Images
  • 錦織圭 (c)Getty Images
 エム・データは11日、この夏テレビで話題になった日本人アスリートランキングを発表した。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 オリンピック・パラリンピックまで残すところあと1年となり、スポーツの話題が増えてきたが、男性の総合ランキングで栄えある1位に輝いたのは、陸上の桐生祥秀選手。100m走公認記録において、日本人史上初の9秒台を叩き出した桐生選手は、東京五輪での活躍も期待されており、露出が増加。話題となった時間は、2位のテニス 錦織選手を約30分離して1位となった。

 3位は、NBAでの活躍も期待されるバスケットボールの八村塁選手。4位には、陸上 短距離走の小池祐貴選手、5位にも同じく陸上のサニブラウン・アブデルハキーム選手が入った。トップ10のうち、7人が陸上選手と、陸上競技が話題に多くあがっていることが伺える結果となっている。なお、以降の結果は次の通り。

【男性総合】氏名、競技、話題時間
1位  桐生祥秀 (陸上) 10時間21分02秒
2位  錦織圭 (テニス) 9時間57分06秒
3位  八村塁 (バスケットボール) 9時間55分25秒
4位  小池祐貴 (陸上) 8時間40分13秒
5位  サニブラウン・アブデルハキーム (陸上) 7時間28分28秒
6位  多田修平 (陸上) 7時間13分35秒
7位  渡邊雄太 (バスケットボール) 6時間40分44秒
8位  ケンブリッジ飛鳥 (陸上) 6時間36分08秒
9位  飯塚翔太 (陸上) 6時間01分53秒
10位  瀬戸大也 (水泳) 4時間54分36秒
11位  張本智和 (卓球) 3時間20分07秒
12位  川上拓也 (陸上) 3時間05分14秒
13位  山縣亮太 (陸上) 3時間00分51秒
14位  馬場雄大 (バスケットボール) 2時間58分07秒
15位  比江島慎 (バスケットボール) 2時間51分20秒
16位  坂井隆一郎 (陸上) 2時間48分49秒
17位  桃田賢斗 (バドミントン) 2時間42分07秒
18位  福岡堅樹 (ラグビー) 2時間22分38秒
19位  五郎丸歩 (ラグビー) 2時間15分57秒
20位  藤井快 (スポーツクライミング) 2時間02分38秒
《KT》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});