俳優の山崎賢人さんが7月25日、東京都内で行われた劇場版アニメ「二ノ国」(百瀬義行監督、8月23日公開)のジャパンプレミアに登場した。今作で初めて声優に挑戦した山崎さん。急きょ駆けつけた声優の梶裕貴さんから「(山崎さんから)脚本を読んですごく面白そうで頑張りたいという話を聞いて、自分にできるアドバイスをさせていただいた。仕上がったものを拝見して、すてきでした」と絶賛。「ありがとうございます!」と山崎さんは笑顔で感謝していた。

 山崎さんは完成した映像を見て、「声を入れさせていただいているときはまだ完成していない画(え)だったので、百瀬さんの作られた絵の中に自分の声が入って、音楽が加わったものの中に自分が存在しているということに、素直に感動しました」と感慨深げ。「梶さんと1日だけアフレコが一緒の日があり、普通におはようと言って(その後)梶さんから(演じた)ダンパへの切り替えにびっくりした」とプロの声優の力量に驚いたことを明かした。

 そんな山崎さんは自身が演じたユウについて、「自分もいろんなことを迷ったりしながらなかなか決断できないことがありますが、ここ頑張ろうと決めたらそこに向かって頑張るというふうにはしている。ユウのように悩みながらも、決めたときの強さみたいなのは共感できた」と話し、「男としてカッコいいキャラだなと思ってやりました」と語った。イベントには、新田真剣佑さん、永野芽郁さん、宮野真守さん、津田健次郎さん、製作総指揮と原案・脚本を手がけた日野晃博さん、百瀬監督も出席した。

 「二ノ国」は、ゲーム「妖怪ウォッチ」や「レイトン教授」シリーズで知られるレベルファイブの手がける人気RPGシリーズ。劇場版アニメは、高校生のユウと親友のハルが幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに二つの世界を行き来する……というストーリー。製作総指揮と原案・脚本を同社の日野社長が担当し、音楽は久石譲さんが手がけ、山崎さんが主人公ユウ、新田さんがユウの親友のハル、永野さんがユウとハルの幼なじみのコトナと異世界の二ノ国の姫・アーシャの2役の声優を務める。ほかに坂本真綾さん、山寺宏一さんらが声優として出演している。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});