台北観光大使に就任した、ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんが9月29日、東京都内で開催された、「知られざる台北の魅力」トークイベントに登壇。7月に台湾で、初の海外ソロライブを成功させた登坂さんは、「次はメンバーと一緒に行きたいですね。向こうのファンも、それを待ち望んでくれていると思うので。ライブの時にも、次は『三代目 J SOUL BROTHERS』のメンバーと、いいエンターテインメントを持って来ると約束をしたので、果たしたいです」と意欲を示していた。

 登坂さんはこれまで4度、台湾を訪ねており、初めて訪れた際の印象を「映画『HiGH&LOW』のプロポーションで行かせていただきました。それまでライブをやらせていただいたことがない場所なんですが、TAKAHIROさんと行って、ファンの方が温かく受け入れてくれて、活気のある街だなと思いました」と振り返る。

 台湾PRのためのプロポーションビデオを撮影し、「温泉街に初めて行かせていただき、素晴らしい景色でしたし、台北市から車でちょっと行った場所にそういう景色が広がっていて、不思議な魅力がある場所だなと思いました」と魅力を熱弁。

 グルメについても触れ、「ド定番ですが、行くたびに小篭包を食べたいと、スタッフに言わせてもらいます。初めて小篭包作りを体験させていただき、貴重な経験をさせてもらいました」と語っていた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});