この記事は私がまとめました

kakacom_111さん

ますます注目を浴びている新しい働き方「フリーランス」。その実態は……?

国の働き方改革の推進とともに副業解禁の動きが広がるなど、フリーランスを取り巻く環境は大きく変化してきています。
「自由な働き方」と言われるフリーランスですが、華やかなイメージと比べて実態はどうなのでしょうか?

ネットでの声は……。

一見華やかなイメージですが、ネットの声を聞くと中々に厳しそう。

たまに「なるべく働きたくない」からフリーランスになる人を見かけますが、前述の通り、税金で消える分も見込んで売り上げを上げていかないとまともな収入は見込めません。大した計画もなく「働きたくない」とか言ってる人たちは、ほとんどがジリ貧まっしぐらです。

会社員じゃなくなると、労働基準法の後ろ盾がなくなります。契約書は自分で一文字残らず読み込まないといけないし、労働条件や単価の交渉は自分でやらないといけません。そのために法律などの勉強も必要になってきます。

「よくわかんないけど大丈夫っしょ」でハンコ押しちゃうと、後から不利な内容が発覚しても「この条件で契約したじゃん」で終了で、誰も助けてくれません。油断すると、搾取される側の人間になってしまいます。

勤め先を退職してフリーランスになって、前に勤めていた会社の下請けをする。退職しなかった方がいい気がする。正社員(元請)の立場から下請けの立場になったらどうなるかというと。

フリーランスって事業主として独立することだよ。 なんか自由とかかっこよさは無いよ。 1年くらい休みなくなるよ。 フリーランス=安い下請け事業主 これはまずいよ。ホントに。 自分で仕事作れないと普通に死ぬ世界。 守ってくれる会社も上司もいないんだから。 これマジな話。

フリーランスはすべてにおいて自由と思われがちだが、実はそうではない。かなり大変。サラリーマンの方がかなり楽。最初は会社に就職した方が爆速でスキルが磨かれる。コスパがいい。

ただやはり魅力的な部分も多い「フリーランス」

不安定ながら、自らの高い専門性と能力で自由を謳歌できる人が多いのも確か。

すべてを自分で決められる点はフリーランスの大きな魅力の一つ。自分で決められることを「自由」と表現する人もいますが、私はそれよりも効率が良いことが魅力だと思います。

会社勤めの場合、「これ意味があるのだろうか?」と思う仕事でもやらねばならないときがあります。例えば、上司への説明資料。めちゃくちゃ忙しくて無休残業もたくさんしているときに、「説明用(社内向け)にきちんと作って」と言われたことはありませんか?

フリーランスの場合は、提案・説明資料のレベルも自分で決められます。資料に不足があり仕事が取れなければ、自分の責任です。失敗を次の仕事に活かすこともできます。

月曜日が憂鬱なサラリーマンの皆さん フリーランスの僕は月曜月が待ち遠しいです ・月曜日の朝が早く来て欲しい ・日曜日の夜からそわそわする ・休日も仕事している ・仕事と遊びの区別がない ・楽しいのにお金が稼げる ・楽しまないと稼げない 信じ難いでしょうが、 これがフリーランスの世界です

会社のリズムに合わせるのがサラリーマンだよね。フリーランスは自分の心地いいリズムにノリながら仕事すればいい。1日3~4時間の実働で歳の数だけ稼ぐすべをものにしていくのが醍醐味。人のリズムに合わせる必要はあまりない。ただ、仲間と一緒にリズムにノるのも楽しいからそういう場所もあるといい

フリーランスだと、仕事とプライベートの割合が、ボーダーレスになっていく。 家の中だと、仕事と生活がぐちゃぐちゃ。この区画に入ったら仕事モードだ!とか、物理的に作っている。 でも、仕事楽しいから、切り分けしていない。 #フリーランス入社式19

フリーランスの成功には「向上心」と「学習欲」が肝心!

教えてくれる人がいないので、知らないことはないようにしておかなければなりません。

自分のスキル一本で食べていくフリーランスは、常に勉強が必要です。
むしろ、毎日が勉強です。

セミナーや勉強会へ積極的に出向いてスキルアップや人脈作りに励むことができれば、自己の成長を仕事に反映させることができます。

よく喧伝されるフリーランスの働き方の自由度は、ぶっちゃけ契約次第です。都合のいい契約がとれるかどうかは、自分と相手の力関係で決まります。(中略)

結局ゴールは取引先にとっての成果になることなので、自分の要求が相手にとってメリットになるとわかれば、つまりパフォーマンスが出れば OK なんだと解釈してます。

フリーランスは自由だが、その側面だけを見て舐めてフリーランスになると痛い目をみる。自由だがそれ以外は結構大変なことが多かったりする。だからこそしっかり情報や勉強に投資をし努力し続ける人が本当に楽しいフリーランスになれる。『自己投資と成長意欲』はかなり大事。あと自己管理も大事。

株と大家業だけちゃうよ 飲食店のメニューを英語にしたり 翻訳したり アドバイスしたり 日々 暇してるわけじゃねーから(笑) 自分で努力して得た資格が 今の俺のフリーランスでやってる収入に 繋がってる。だから、勉強って楽しいんだよな

元々の素質もありますが、心がけが大切です!

仕事の競争率が上がった時に、フリーランスとして働き続けるためには、技術を磨き、自分を成長させることが大切です。

『向上心がない』という人も向いておりません。
基本的に、一度フリーランスとして独立すると無償で勉強をする時間を取るというのは難しいです。というのも、ある程度安定するまでは、常に案件を探しては仕事をする日々だからです。

向上心がありさえすればフリーランス余裕説。 俺が証明したる。

IT=フリーランスじゃなくて、IT業界には会社の看板があまり必要なく個人のスキルで仕事を受けられる範囲が広いんでしょう。スキルを吸収する向上心はいると思うけどね。 ITでも大手とかは最新の技術とか集まったりして得るものもあるんじゃなないかなぁと枠の外の無知な男が言ってみる。

僕の会社では同じような尖った人間ばかりでなく、ムードメーカー的な存在や責任感の強そうな方など、今の会社に足りない部分を補うかたちで採用しているところがある。 会社員とフリーランスとで求められるスキルが違うので、向上心バリバリじゃなくても組織作りを意識できる方は会社で重宝されます☺️

1
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});