鈴木奈々【写真:竹内みちまろ】
  • 鈴木奈々【写真:竹内みちまろ】
 鈴木奈々が、28日放送の『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に出演。バラエティの立ち位置にまつわる悩みを明かした。

※Xperiaファンに朗報!nuroモバイル、先行予約がお得な「Xperia Ace」キャンペーン!【PR】

 これまで“おバカ”キャラとして売ってきた鈴木。だが、最近は「うるさいおバカは(時代的に)違う気がする」と違和感を述べ、「もっと品があるおバカのほうが(良い)」「ちょっと大人にならないと」とキャラ変を訴えた。

 すると博多大吉は、「同じ人が同じキャラを続けることに飽きる世代がテレビを見ている」と前置きしたうえで、「(タレントも)多少、味付けや盛り付けを変えないと(飽きられる)」と主張。

 続けて、「その盛り付け方が、僕らは、最初から大人しめだから、ちょっと盛るだけで(周りは)『おっ!』と言ってくれる」と自身の立ち位置を言及。対して鈴木に、「奈々ちゃんは最初からドデカ舟盛りでいってるから、それが美味しいという方もいるけど、もうちょっと小皿に分けてほしいという方もいる」と持論を述べた。

 大吉の分かりやすい例えに、鈴木も「そうか」「確かに」と納得していた。
《杉山実》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});