『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT
  • 『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT
  • 米国拠点のFunimation、フランス拠点のWakanim、オーストラリア拠点のMadman Anime Group
アニプレックスと米国ソニー・ピクチャーズテレビジョン(SPT)が、ソニーグループ傘下のアニメ配信関連企業3社を統合することがわかった。その皮切りとして、TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』が、各配信プラットフォームにおいて10月より先行独占配信される。

本統合においてアニプレックスとSPTが共同保有するのは、米国拠点のFunimation、フランス拠点のWakanim、オーストラリア拠点のMadman Anime Groupの3社だ。今後はFunimationのゼネラルマネージャーであるコリン・デッカーが、3社を率いることになる。

Funimationはこれによって、各社が運営するプラットフォームに配信する作品の獲得を行い、配信を軸に劇場配給、パッケージ、商品化、イベントなどを強化。世界中のアニメファンへ、より良い体験を全方位で届ける環境を構築していくとしている。

また10月5日からはその皮切りとして、アニプレックスが製作するTVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』が、Funimationの「FunimationNow」、Wakanimの「Wakanim.TV」、Madmanの「AnimeLab」において先行独占配信されることも決定した。
『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、全世界で4,100万ダウンロードを超えるスマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』初のTVアニメシリーズ。世界的タイトルがますますの広がりを見せそうだ。

<以下、コメント全文掲載>


【SPT会長 マイク・ホプキンス】


SPTにとって、アニメは重要な成長領域です。この統合により、配信、劇場配給、パッケージ、商品化、イベント等のビジネス領域において豊富な事業経験を得ることができ、世界のファンへのリーチを迅速に構築することができます。世界規模でのマーケティング力を携え、日本アニメに携わる皆様、また世界中のアニメファンの皆様に最高の体験をお届けして参ります。

【アニプレックス代表取締役 岩上敦宏】


この度、ソニーグループ傘下のアニメ配信関連3社の統合により、数多くの日本のアニメ作品が世界規模で配信展開されることを非常に嬉しく思います。今回の取り組みを通じて、日本アニメの発展・拡大に寄与して参りたいと思っております。

【Funimation ゼネラルマネージャー コリン・デッカー】


25年に渡りFunimationはクリエイター、パブリッシャー、ファンに貢献して参りました。素晴らしい人材・ブランドと共に、この先の25年も日本アニメ発展のサポートを更に拡大できるものと考えております。

TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』
(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});