女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第111回が8月7日に放送され、北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」のリーダー、森崎博之さんが登場した。

 森崎さんは、音尾琢真さん、安田顕さん、戸次重幸さんに続く“4人目のNACS”として、十勝支庁の支庁長・大清水洋(おおしみず・ひろし)を演じた。大泉洋さんをもじったかのような役名に加え、十勝の酪農家による工場の新設を巡るやりとりの中、森崎さんが「リーダーである私が矢面に立つしかないでしょう」と言うシーン、音尾さんから「それでもアンタは道産子か!」と責められ、「北海道を思う気持ちはあなた方にも負けない」と言い返すシーンも登場。

 SNSでは「リーダーが大清水洋!」「『リーダーである私』って言った!」「リーダーの北海道愛は誰にも負けないんだぞ! お前らなめんな!!」「そうだそうだ! 北海道を思う気持ちはリーダーは人一倍あるよ!!」などと大きな盛り上がりを見せた。

 最後には森崎さん、音尾さん、戸次さんのスリーショットも実現。「最後に3人並んでいるし」「朝から、気持ちの良いスリーショット。うれしすぎて涙出た」「なかなか、やるな演出」「すごい楽しいぞ、今日の朝ドラ。NHKの愛を感じたよ」とファンを喜ばせていた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});