この記事は私がまとめました

mementmementさん

良い人間関係を築きたい!「信頼される話し方」とは?

しっかりとした話し方をしていたり、見た目のオーラなどで、一気に信頼関係を構築できる人は存在します。

「信頼される話し方」は、職場でもプライベートでも豊かな人間関係を構築するのに大切なことですよね。日頃から意識して「信頼される話し方」を練習しておけばだんだんと良い話し方の癖が身についてきます。そんな「信頼される話し方」のポイントを紹介します。

その人を印象づけるのにとても大切な要素は、「話す内容」ではなく、実は「話し方」のほうなのです。ですから、「話し方」に気をつけるだけで、人の印象は簡単に変わるとも言えます。

◇「事実」のみを話す

物事を伝えるとき、感情的な表現が入り込んでしまうと相手からの信用を失うことになりかねません。正確な事実を伝えるよう意識しましょう。

それには、正確な数字や具体例を出し、情報源を明らかにすることや、「事実と感情を分ける」ことが重要

◇「結論」を先に言う

まず結論を先に話すようにしましょう。結論を先に言うことであなたが最も言いたいことが相手に確実に伝わります。

結論を最初に伝えることで、相手は、話の内容が最初にざっくりと把握できるため、「なるほど、○○のことが言いたいのだな」のように、そのあとの話を安心して聞くことができるからです。

「YES」か「NO」か、「できた」のか「できなかった」のか、「プラス」なのか「マイナス」なのかをはじめに伝え、その理由や経過はそのあとに述べるようにします。

◇話すテンポは「ゆっくり」

話すスピードに関しては、重要なポイントでゆっくり話すことを意識しましょう。

早口になっている態度は、何かを隠そうとしているしぐさにも見えてしまうため、信頼性が低くなってしまいます。

◇「思う」等、推測で話さない

話し方として「思う」の表現は説得力に欠け、相手に不安を与えてしまうのです。

本来なら「ご報告します」「お時間をください」で十分。口癖としての「思います」はやめましょう。

推測で話さないためにぜひ使っていただきたい定型句が「○○によりますと」です。「警察によりますと」「消防によりますと」など、出典や情報源をすべて明らかにしてください。

◇「区切り」をつける

ダラダラと区切りをつけない話し方はどこか言い訳がましく聞こえてしまうため、信頼されるためにはやってはいけない話し方なのです。

会話の基本は、ワンセンテンス・ワンメッセージです。つまり、一つの文章で言いたいことは、一つである必要があります。

1 2