(C)河野裕/新潮社 (C) 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • (C)河野裕/新潮社 (C) 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会
  • (C)河野裕/新潮社 (C) 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会
 映画『いなくなれ、群青』は、9月6日全国公開。このほど、同作で眼鏡が似合う優等生の学級委員長役を演じる松本妃代にフォーカスした映像が解禁された。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 同作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ、群青』(新潮文庫 nex)の映像化作品。横浜流星、飯豊まりえら注目俳優の出演でも注目されている。

 松本は2014年に『劇場版 零~ゼロ~』で映画デビューして以降、多くのドラマ、映画などの出演。2019年は8月6日公開の矢口史靖監督のミュージカル・コメディ『ダンス・ウィズ・ミー』や、二宮健監督作『チワワちゃん』などに出演。『いなくなれ、群青』では、横浜流星演じる、平穏な生活を望む悲観主義者・七草や、飯豊まりえ演じる、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女・真辺由宇のクラスメイトで、真面目なクラス委員長・水谷を演じる。

 今回解禁された映像では、松本の劇中での眼鏡姿が公開。松本は同作について「水谷は、高校生の頃の私みたいだなと思いながら原作を読んでいました」と過去の自身の姿に重ね合わせたコメント。「自分が作ったルールに縛られたり、いい人でありたいあまりに大事なことを言えなかったり。でも水谷のような人って少なくないような気がします。そんな水谷にとって佐々岡は、常識をどんどん壊していくような存在。このコンビには演じていても毎日刺激をもらえました」と語っている。

 映画『いなくなれ、群青』は、9月6日全国公開。

《KT》