俳優の遠藤憲一さんが7月31日、東京都内で開催された主演を務める連続ドラマ「それぞれの断崖」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の制作発表記者会見に、田中美里さん、田中美佐子さんと共に出席。劇中で、美里さん演じる息子を殺害した同級生の母・八巻はつみと“禁断の恋”に落ちる主人公・志方恭一郎を演じる遠藤さんが、美里さんとのラブシーン撮影について振り返った。

 遠藤さんは「キスシーンはこれからなんだけど、先にやっちゃったシーンから撮っちゃったんですね。俺、(興奮で)カーッてなりすぎて、外さないでって言われていたブラジャーまで外しちゃって」と明かすと、美里さんは「ポロリってなっちゃって(笑い)。頑張ってカメラに映らないように、背中を向けていたんですけど」と照れ笑い。ドラマで恭一郎の妻・雪子を演じる美佐子さんは「やり過ぎだよ、お前!」と、遠藤さんを叱っていた。

 また、遠藤さんは作品について「コンプライアンスが厳しい時代に、ヤバい作品ができました」と胸を張り、「58歳になって、恋愛をやる役がくるとは思わなくて。若いころは女性を襲う役ばかりやっていたので、照れくさいです」と語っていた。

 会見には、ドラマの主題歌を担当する男性ボーカルデュオ「CHEMISTRY」も登場した。

 ドラマは、小杉健治さんの同名小説が原作。志方恭一郎の中学生の息子・恭介(渡邉蒼さん)が、13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く。東海テレビが制作する連続ドラマ枠「オトナの土ドラ」で放送。8月3日から毎週土曜午後11時40分放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});