女優の上白石萌音さん、山崎紘菜さんが7月22日、東京都内で行われたダブル主演映画「スタートアップ・ガールズ」(池田千尋監督、9月6日公開)特別先行上映イベントに出席した。上白石さんと山崎さんは2011年実施の「第7回東宝『シンデレラ』オーディション」をきっかけに芸能界デビュー。上白石さんは、“同期”の山崎さんとの仲を「同じマネジャーさんのもとで約7年間支え合って傷もなめ合ってきた、戦友のような感じ」と明かした。

 そんな“同期”の2人が今作で初共演。山崎さんとの共演は夢だったという上白石さんは「お互いの道を頑張る中でお芝居一緒にという夢があって、その夢をこの映画でかなえていただいた。深い関係性を演じられてとってもうれしかった」と喜び。演技は「紘菜ちゃんは絶対(自分を)嫌いにならない気がする、絶対大丈夫だと思って思いっきりやれた」と信頼を寄せていた。

 山崎さんは「萌音ちゃんは出会った時から常にどしんと構えてくれる。現場でも引っ張ってくれた。役としてリードしてくれて、撮影が終わった後は私の悩みも聞いてくれたり、助けられた。萌音ちゃんでよかったと心から思う」とにっこり。そして2人で顔を見合わせて「ありがとうございます」と感謝を言い合い、仲の良さをうかがわせた。イベントには、主人公のモデルとなった起業家の平野未来さん、新居日南恵さんも登壇した。

 「スタートアップ・ガールズ」は、大学生にしてIT×医療で起業を目指す“ひらめきの自由人”の小松光(上白石さん)と、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希(山崎さん)がぶつかり合いながらもビジネスパートナーとして、それぞれの未来を模索する姿を描く。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});