俳優の古川雄輝さん主演のWOWOWの連続ドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」に、アイドルグループ「Snow Man」の深澤辰哉さんが出演することが7月25日、明らかになった。俳優の池田鉄洋さん、平埜生成さんの出演も発表された。深澤さんは物語の本筋となる川崎で起きた“首くくり殺人”事件を捜査する刑事の矢島啓介、池田さんも同事件を捜査する刑事の井口智一、平埜さんは、SUMIREさん扮(ふん)するヒロイン浅田吉佳の兄・浅田剛志を演じる。「Snow Man」のメンバーがWOWOWのドラマに出演するのは初めてで、深澤さんが刑事を演じるのは初めて。

 「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」は、女優の木村文乃さんが主演したWOWOWの連続ドラマ「殺人分析班」シリーズのスピンオフ作品。「殺人分析班」シリーズは、麻見和史さんの原作を基に、2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」と過去に2回、WOWOWオリジナルドラマとして映像化した警視庁捜査1課の犯罪捜査を描く本格クライムサスペンス。

 シリーズ1作目「石の繭」では、捜査1課の如月塔子(木村さん)らを脅かし、2作目「水晶の鼓動」では、塔子ら警察のピンチを救い、シリーズの人気キャラクターとなった殺人鬼トレミーこと八木沼雅人(古川さん)。今回のスピンオフは、「石の繭」事件の直前にスポットを当て、殺人事件をきっかけに、八木沼がトレミーへと変貌を遂げる姿を描く。

 WOWOWプライムで10月6日から毎週日曜午後10時半放送。全5話で第1話は無料放送。

 ◇深澤辰哉さんのコメント

 ーー今作のオファーを受けた時の印象

 「Snow Man」のメンバーとして初めて僕がWOWOWのドラマに出演するのですが、彼らの気持ちも背負って挑ませていただきました。最初に出演のお話をいただいた時、刑事役は初めてだったので「ドッキリなのかな」と思っていました(笑い)。台本を渡されて、そこで「本当だったのか」とようやく実感できたのです。刑事という普段とはかけ離れた役柄を演じられるということで、とても楽しみにしておりました。緊張はしましたが、とても楽しく、充実した撮影期間にできたと思います。それがこの作品に反映できていたらいいなと思います。

 ーー最初に脚本を読んだときの感想は?

 脚本を読んだとき、内容がとても面白いので、その作品に自分が関わることに対して不安や戸惑いがありました。ですが、「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」を拝見して、とても楽しみな気持ちに変わりました。とにかく見ていただければ、どれだけの愛を注ぎ込んで作った作品かが分かるかと思います。

 ーー視聴者へのメッセージを。

 この作品に参加できて、自分だけの力でいい作品は作れないのだな、と改めて実感しました。スタッフ、共演者の皆様に恵まれて、本当に素晴らしい作品になると思うので、皆さんとこの作品を盛り上げていけたらと思います。応援のほどよろしくお願い致します!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});