俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が8月15日放送される。恩人の「日本法医学研究院」元院長・兵藤邦昭(西田敏行さん)の自殺に疑念を抱く解剖医・柚木貴志(大森さん)。25年前の医療ミス疑惑関係者の遺体が発見された。やがて、柚木の父の死因に関する衝撃の真実が明らかになる。

 兵藤が自殺前に伊達明義(仲村トオルさん)と会っていたと知った柚木。自殺の経緯に疑念を抱いた柚木は、伊達を追及するが、答えを得られなかった。

 失踪していた「慶徳小笠原病院」の元看護師が遺体で発見された。先に亡くなっていた医師2人と同じく、目立った所見は無く、解剖した柚木も心不全との診断しか下せない。だが、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子さん)は事件性を疑っていた。

 死亡した3人は、慶徳小笠原病院院長・小笠原達三(篠井英介さん)の医療ミスが疑われる25年前の手術に立ち会っていたことが判明。そこへ新たな死者が出てしまう。やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因に関する衝撃の真実が明らかになる……。

 韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス「サイン」のリメークドラマ。死因究明に特化した「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を舞台に、遺体の声無き声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽(いんぺい)する巨大権力に立ち向かっていく姿が描かれる。