人気アニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などの今石洋之さんが監督を務め、中島かずきさんが脚本を担当する劇場版アニメ「プロメア」と、劇団☆新感線の人気舞台の映像を映画館で楽しむ「ゲキ×シネ」とのコラボ上映イベント「ゲキ×シネ×プロメア 一夜のチャンピオン祭」が8月5日、東京都内で開催され、トークショーに早乙女太一さんと中島さんが登壇。早乙女さんが、主人公のガロ役を演じた松山ケンイチさんとのアフレコを振り返り、「松山さんのエネルギーに圧倒された」と明かした。

 「プロメア」は、炎を操る人種バーニッシュによって世界の半分が焼失した世界を舞台に、高機動救命消防隊バーニングレスキューの新人隊員ガロの活躍を描く。劇団☆新感線の出演経験者でもある、松山ケンイチさん、早乙女太一さん、堺雅人さんが、声優として参加したことでも話題を呼んだ。イベントには、劇団☆新感線の座付作家として数々の舞台脚本も手がける中島さんも出席した。

 これまでにも劇団☆新感線の舞台「蒼の乱」や「連続ドラマW ふたがしら」など中島脚本作品でタッグを組んできた松山さんと声の共演を果たした早乙女さんだが、「松山さんとは、これまでもアクセルとブレーキのような関係性を演じてきた。2人でやれてすごくよかった。今回が一番、松山さんの熱がすごかった」と「プロメア」のアフレコを述懐。松山さんはテストから大熱演を見せたそうで、早乙女さんは「やっているうちに、僕のセリフのところまで松山さんが言い出した」と熱くなった松山さんが暴走したことを明かして、会場の笑いを誘っていた。

 また中島さんは、「何かを背負わせたら日本一だと思う」と早乙女さんの魅力を熱弁。「今回もバーニッシュの一族を率いる男なんだけど、つい何かを背負わせたくなる。これまでも謎めいた剣士の役(をやってもらうこと)が多いので、次は謎めいた剣士ではないものをやろうとは思っている」と展望を語ると、早乙女さんは「“謎”担当なのかと思っていました」と笑顔を見せていた。