俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第3話が8月10日に放送される。芸人を目指す圭右(間宮さん)と辻本(渡辺大知さん)の漫才コンビ「きそばAT」は、漫才の日本一を決めるコンテスト「NMC(ニッポン漫才クラシック)」にエントリーする。予選当日、会場の空気は緊張感に満ち、観客は全く笑わない。焦りを感じた圭右は、とんでもない行動に出る。

 ウケなかったことを客のせいにする圭右は、「るのあーる」の梵(浅香航大さん)と衝突し、辻本に「漫才なめんな!」と叱責される。一方、人気コンビ「デジタルきんぎょ」の金本(駿河太郎さん)は、1本のDVDを辻本に託し、圭右に見せるように言う。そこにはデジタルきんぎょの意外な過去が収められていた……。

 原作は人気マンガ「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの同名マンガ。お笑いに青春のすべてを懸ける高校生・上妻圭右がクラスメートの辻本潤とコンビを組み、お笑い芸人を目指して奮闘する姿を描く。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});