この記事は私がまとめました

ranmarukingさん

股関節の重要性!

股関節とは体のどのところを指すか、ご存じでしょうか?大腿骨(だいたいこつ)の上にある骨頭(こっとう)と、骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)がすっぽりと心を奪われる形になっている、このところが股関節と呼ばれるところとなります

正常な股関節は、寛骨臼(かんこつきゅう)が骨頭(こっとう)の5分の4を包み込み、股関節を安定させています

股関節はストレッチで簡単に柔らかくなるんでしょうか?!

朝夕など、自らで決めた時間に数分のストレッチを行うだけで、驚くほどに体は柔らかくなるものです

股関節は定期的のストレッチを続ける事で、ちょっとずつ柔らかくなります

入浴後のストレッチはその影響も大きくなるようです

筋肉が固まると硬くなります

股関節には何個かの筋肉が大きく係りしているので、そのどれか1つでも硬くなっていれば、股関節も硬くなってくるのです

股関節が硬い原因の1つとして、筋肉が挙げられます

筋肉が凝り固まっていることが原因のケースが多いです

長時間のデスクワークや立ち仕事、長い間、同じ姿勢のケース、股関節の筋緊張が起こりやすくなるのがきっかけです、

ずれた骨によるものも注意が必要です

さらに、骨盤の歪みから骨格のバランスが悪くなって、股関節が硬くなることも考えられます

骨が股関節の硬さに影響を及ぼすケースもあります

脱臼まではいかない程度ですが、骨がずれる「股関節亜脱臼」という状態が続くと、股関節の硬さのみならず、腰痛も併発します

病気によるものもあります

病気による神経障害がきっかけで股関節が動かしにくくなっている時も考慮しられます

脳卒中などの病気が原因で、筋肉に麻痺や弛緩が生じると、股関節が硬くなる時があります

股関節が柔らかいとどのような効果があるのでしょうか?

股関節が柔らかいと新陳代謝が上がりますね

そうすると、脂肪が燃焼されるので、ダイエットには成果的と言えます

股関節をストレッチすると、腰やヒップ、大腿部などの大きな血管がある箇所を動かす為、脂肪燃焼影響が高まると言われています

股関節が柔らかいとむくみ解消に効果的?!

股関節はリンパが集中しているので、老廃物が溜まりやすいところなんです

股関節が硬いとリンパも詰まってしまい、むくみや冷えにつながりやすくなります

股関節を柔らかくする事で、リンパを刺激して、老廃物をスムーズに流す影響が望みされますので、むくみも解決されるというわけです

股関節が柔らかいと老化防止に!

股関節が柔らかくなり、血行が促進されたり、新陳代謝があがる事によって、老化の防止にもつながります

疲労の蓄積も低減されます

毎日の股関節ストレッチが疲れにくい体、衰え知らずの体を製作するといっても大げさではないのですね

股関節が柔らかいと怪我の抑制効果になる?!

股関節が柔らかい=体が柔軟

体が柔らかいという事は、いざという時、考えもしなかったけがから身を守る事ができます

股関節が柔らかいとストレス軽減にいいみたいです?!

股関節の苦しみや不自然さは、体の動き概要に影響を及ぼします

その為、股関節の不調は、意識はしなくても、体には大きなストレスを与えているのです

体にストレスを与える事は、心にもストレスを与えているという事になります

無意識というところで意外に見逃しがちですので、用心が不可欠です

股関節が痛い原因とは?

変形性股関節症

股関節が痛くなる方のきっかけも色々です

「変形性股関節症」は、股関節内にある骨と骨との間隔が狭くなる事によって、軟骨がすり減り、股関節が変形して炎症が起こる疾患の事です

一番目は、立ちあがった時や歩きスタートなどに足の付け根や太ももに苦しみが生じます

進行すると、寝ている状況でも痛さが出てきて、ポキポキと音が出る事例もあります

坐骨(ざこつ)神経痛によるつらい痛み

ヘルニアなどがきっかけで、坐骨神経に沿った坐骨や太もも、ふくらはぎなどに苦痛が出る症状の事を「坐骨神経痛」といいます

この痛さは足を動かした時の苦痛ではなく、”座っていて痛い””立っていて痛い”など、静止している時に苦痛を感じる方が多々あるようです

ストレッチで股関節を柔らかく下半身から健康に

現代人はとかく、長時間のデスクワークや運動不足がささやかれています

忙しさや毎日の暮らしによって股関節が硬くなりがちなんです

股関節を柔らかくする事で、日頃感じているストレスもフリーに、心も軽くなります!

1