女優の小池栄子さん主演の連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第5話が8月1日に放送された。ダンス&ボーカルグループ「EXILE」「EXILE THE SECOND」のメンバーの黒木啓司さんの演技に、SNSでは「黒木啓司めっちゃ怖い」「黒木啓司のサイコ役がハマりすぎ」などの反響があった。

 ドラマは、事実婚だが夫・天谷恭平(平山浩行さん)と幸せに暮らしていた森下晴美(小池さん)がある日、警察から夫が殺されたという連絡を受ける。病院へ駆けつけると、自分が妻だと名乗る小椋加奈子(りょうさん)と藤宮茜(岡本玲さん)に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、2人と事実婚の関係を結んでいた。3人のシングルマザーが、シェアハウスで共同生活をしながら亡くなった“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていく……という物語。

 黒木さんは、恭平の死にも関係している凶悪犯・森雄作役を担当。第5話は、森が加藤と名乗り、シェアハウスを訪れる。加藤は、恭平の友人で、晴美、加奈子、茜の相談役になってほしいと恭平から頼まれていたと話し……と展開した。

 ドラマが始まる前に、黒木さんは、今回演じる役について「サイコパスであり異常快楽殺人者。主軸の方々を恐怖に追い詰めていく役」と説明。「サイコパスな役は初めてですが、この人物の世界観にはまるようしっかり演じていきたいと思います!」とコメントしていたが、SNSでは「演技ヤバすぎた……狂気的すぎた……」「俳優黒木啓司が最高すぎ」などの声が上がった。

 また、劇中に登場する完全オリジナル体操「マンゴー体操」を、黒木さんが踊る場面も登場。SNSでは、「マンゴー体操にランニングマンまで」「黒木啓司ランニングマンしてたw」などと反響があった。