この記事は私がまとめました

tanajiomさん

長時間のスマホ操作によって頚椎のカーブが失われてしまうスマホ首。「ストレートネック」とも呼ばれており、PCでの作業やスマホ操作など、長時間、うつむいた姿勢を続けることで頚椎のカーブが文字通り「ストレート」になってしまうことを言います。

ストレートネックとは

ストレートネックとは緩やかにカーブしているはずの首の骨、つまり頸椎が真っすぐになった状態です。

背筋は、体のバランスを保ち、姿勢を整えるなど、私たちの生活の中でとても重要な部位です。

ストレートネックのチェック方法

あごが上がった状態が日常的になると、首の下の皮が伸びるため、2重あごになったと感じる人もいます。

ストレートネックチェックポイント

1.あごが引きづらい うなずくのがツライ

2.肩より耳が前に出ている

更に深刻な事態になると、脳梗塞や脳出血の危険性だってあります

1.壁に背を向けてまっすぐ立つ。

2.かかと、おしり、肩甲骨、後頭部の4ヶ所を壁につける。

3.正常な場合は、この4ヶ所すべて壁にくっついている。

ストレートネックの原因・症状

ストレートネックになる原因はさまざまですが、最近は日常生活における不良姿勢が最も高い割合を占めています。

スマホの利用などで長時間うつむいていることで、より首の生理的なカーブがなくなり、症状がひどくなるようです。

ストレートネックの予防・改善

とても単純なことのように思われますが、これが一番簡単で効果的な対処方法です。

あごを引くことで、同時におなかにも力が入るので腹筋を意識することもできます。頭を首の正しい位置にのせた状態となり、首・肩・腰のトラブル改善につながります。

時間はかかりますが、ストレートネックが治っていくことがレントゲンで確かめられています

ストレートネック治し筋膜リリース

ストレートネック予防・改善の肝は、「首の可動域を広げる」ことです。効果的な首のストレッチを行い、筋肉をほぐせば、可動域は広がっていきます。

立っていても、座ったままでもできる体操ですが、最初は、体が安定するよう、座ったままでやるのがおすすめです。

ポイントとしては、

体をただ前方に倒すのではなく

できるだけ首の後ろや背中がしっかりと延びるよう意識して行うことが大切です。

慣れるまでは、正しい姿勢を保つことはなかなか難しいものですが、習慣化してしまえば、最も楽で効果的な方法といえます。

ストレートネックは、放っておくと肩こりや頭痛、腰痛だけでなく、自律神経失調症など重度の症状を引き起こす可能性もあります。

姿勢を工夫したり、悪い姿勢が続いた後にストレッチや筋トレを行ったりすることで予防と症状の改善が可能です。

普段の生活の中でも、ストレートネックにならないように意識や工夫をしましょう。

1