尾田栄一郎さんの人気マンガが原作のアニメ映画「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」が8月9日、丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。シリーズ最新作。ルフィら麦わらの一味のほか、革命軍、王下七武海、海軍、最悪の世代……と人気キャラクターが集結。アニメの20周年を記念した「オールスターお祭り映画」だ。

 「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典 海賊万博」が開催される。華やかなパビリオンが建ち並ぶ島に、麦わらの一味や最悪の世代をはじめとする世界中の海賊たちが集結。万博の目玉イベントは「海賊王(ロジャー)の遺(のこ)した宝探し」で、海賊たちがお宝争奪戦を繰り広げる。「スマイルプリキュア!」「映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」のほか、テレビアニメ版「ONE PIECE」にも参加してきた大塚隆史さんが監督を務める。

 オールスター映画ということもあって、いろいろなキャラがコラボする。あのキャラとこのキャラが……一体どうなってしまうんだ!? というシーンもあり、ワクワクする。てんこ盛りではあるが、それぞれに見せ場があるのがファンにはうれしいところだろう。

 敵として登場するのは、元ロジャー海賊団の船員で「“鬼”の跡目」とも呼ばれたダグラス・バレットだ。バレットがとにかく強く、ルフィたちは共闘することになる。バトルシーンが盛りだくさんなのも魅力だ。これまでのアニメ以上に、原作のマンガに近い力強い線で描かれたハイクオリティーな映像で、大迫力のバトルを楽しめる。

 昨年公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場版「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」もバトルシーンが大きな見どころだったが、「ONE PIECE STAMPEDE」もまた、大スクリーンで見る意味のある作品に仕上がった。(小西鉄兵/MANTAN).

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});