メインビジュアル Illustration by Atsuya Uki
  • メインビジュアル Illustration by Atsuya Uki
  • 公式トレーラー Movie production by Sawako Kabuki
  • 公式トレーラー Movie production by Sawako Kabuki
北海道・千歳市にて開催される「第6回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」(2019年11月1日~11月4日)のメインビジュアルと公式トレーラー(ショートver.)が公開された。
今年のメインビジュアルは映画『センコロール コネクト』などで知られるアニメーション監督・宇木敦哉、公式トレーラーはアニメーション作家・冠木佐和子が担当している。

「新千歳空港国際アニメーション映画祭」は、世界中の最新アニメーション作品を一堂に集め、「空港全体で発信する、空港だからできる映画祭」を目指して2014年に開幕したイベント。
北海道・新千歳空港ターミナルビルを会場とする世界初の「空港内映画祭」として国内外から注目され、5周年を迎えた昨年は延べ約3万8千人という過去最多の動員を記録した。

6年目となる映画祭を彩るメインビジュアルは、映画『センコロール コネクト』などを手掛けた北海道札幌市出身在住のアニメーション監督・宇木敦哉が担当。姿形も様々なキャラクターが新千歳空港を目指す、映画祭への期待感が高まるビジュアルだ。

公式トレーラー(ショートver.)を手掛けたのは、愛とユーモアをカラフルに表現し続ける唯一無二のアニメーション作家・冠木佐和子。新千歳空港らしいモチーフが次々と現れる、ポップでユニークなトレーラーとなっている。


「第6回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」は、新千歳空港ターミナルビルにて11月1日から11月4日まで開催。

<以下、コメント全文掲載>


【宇木敦哉コメント】
様々な国から様々な人種、様々な作品が新千歳空港に向かって飛んでいく…そんなイメージでイラストを制作させていただきました。楽しい4日間になりますように!

【冠木佐和子コメント】
新千歳空港国際アニメーション映画祭は世界中から時間をかけて様々なゲストが来日するにも関わらず私の住む東京からは飛行機でたった一時間半で到着、心地よい気温の空港内で毎日北海道グルメを楽しみつつ界中の幅広いジャンルのアニメーションを朝から晩まで大スクリーンで観ることができて、いつでも温泉に入れて、夜は酔っ払ったら空港併設のホテルのベッドまで30秒、などなど最高な映画祭のイメージが強いので、そういった感じをイメージして作りました。

「第6回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
開催日程:2019年11月1日(金)~11月4日(月・祝)
会場:新千歳空港ターミナルビル(ソラシネマちとせ 他)
作品募集:
(1)短編アニメーションコンペティション 2019年4月15日(月)~2019年6月30日(日)
(2)長編アニメーションコンペティション 2019年4月15日(月)~2019年7月31日(水)
選考:
(1)短編ノミネート作品発表-2019年8月下旬 ※予定
(2)長編ノミネート作品発表-2019年9月下旬~10月上旬 ※予定
本審査:会期中
授賞式:2019年11月4日(月・祝) ※予定

Illustration by Atsuya Uki
Movie production by Sawako Kabuki

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《伊得友翔》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});