俳優の玉山鉄二さんが新聞記者を演じるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW トップリーグ」が10月5日から放送がスタートするのを記念して、ドラマに登場する旧紙幣1億5千万円入りの金庫が発見された事件を報じる毎日新聞号外が9月30日、東京都内で配布された。さらに同日付毎日新聞夕刊(東京本社版)には同事件の詳報紙面が掲載された。

 ドラマは、相場英雄さんの「トップリーグ」「トップリーグ2 アフターアワーズ」(共にハルキ文庫)が原作。“トップリーグ”とは、総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指し、玉山さん演じる大和新聞の記者・松岡直樹が入社15年目にして政治部に異動し、官房長官番となる。現在大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍している同期の酒井祐治(池内博之さん)と10年ぶりに再開し、永田町を揺るがす官邸最大のタブーに挑む……というストーリー。

 特集紙面では、「埋め立て地から現金入り金庫か」の大見出しで、ドラマで描かれる都内の埋め立て地で“旧紙幣1億5千万円”が発見された事件を本物の事件記事風に紹介。玉山さんが語るドラマの見どころや「番記者」の解説なども掲載されている。また、事件の速報記事を掲載した号外紙面は新橋、新宿、品川、有楽町、田町のJR各駅前で配布された。

 玉山さんのほか、内閣官房長官・近藤道家役で小林薫さん、大和新聞政治部部長・阿久津康夫役で陣内孝則さん。松岡の同期の記者・灰原美樹を小雪さん、後輩記者・大畑康恵を佐久間由衣さんが出演。

 「連続ドラマW トップリーグ」は、WOWOWプライムで10月5日から毎週土曜午後10時に放送。全6話で、第1話は無料放送となる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});