この記事は私がまとめました

box24ujn8523さん

<もくじ>
①todoリストをつくる 自分がいつでも見れる場所でリストを管理する
②仕事の中の重要なところを把握する 仕事の時間を見積もる
③人にまかせられる仕事かどうかを考える 協力してくれる人を探す
④「重要度」「緊急度」で分ける
⑤制限時間を設ける
⑥「完璧を目指す」のではなく、「まず終わらせる」 を意識する

<心構え編>
◆「成果をより早く楽に出せる仕事」を優先的に順位づけする
◆長期的な成果にとって重要なタスクから先にスケジューリングする
◆中途半端な仕事は思い切って捨てる
◆脳の負担を減らす意識をもつ
経済学者ピーター・F・ドラッカーの 優先順位をつけるべき前提条件

①todoリストをつくる 自分がいつでも見れる場所でリストを管理する

1日のやるべきことを予めリストに上げておくと、
優先順位の決め方が上手くできるようになります。

リストの中には、何時までしなければいけないことや、

重要なところなども出てくると思います。

とりあえず1日のやるげきことを紙に適当に書き出していき、
その後に必要に応じて並べ替えるとリストがつくりやすいです。

TODOリストは自分がいつでも見れる場所で管理するのが良いでしょう。例えば、手帳やスケジュール管理ツールなどが一般的です。TODOリストは新しい仕事が入ると変わっていくものなので、すぐに書き換えが出来る身近なものが良いでしょう。

②仕事の中の重要なところを把握する 仕事の時間を見積もる

全ての仕事が均等に重要であるとは、まずあり得ないと思います。
全体のうちの2割が最も成果を出していると言われるように、
仕事の内容も、全体のうちの2割が重要なところのはずです。
そこさえ把握すれば、優先順位の決め方は簡単に行えます。

③人にまかせられる仕事かどうかを考える 協力をしてくれる人を探す

コミュニケーションを取る時間を決める
まず5分仕事をやってみた時に、相談するべき相手が居る場合は先にその人の予定を押さえましょう。そうすることで、いざ仕事に取り掛かる時にはスムーズに進めることが出来るようになります。

仕事の中の重要なところを把握できれば、人に任せることは簡単です。
シンプルに重要でない業務をどんどん任せていけば良いのです。

そうれすば、
人に任せることへの不安をあまり感じなくなるのではないでしょうか?
そして、人に任せれば相手との信頼関係を結ぶこともできます。
自分自身もラクになれて、作業も効率的に進むことが可能となります。

④「重要度」「緊急度」で分ける

優先順位を決めるときに一番有名な方法は「重要度」と「緊急度」で分ける方法ではないでしょうか。この方法は、「重要度の高いものと低いもの」と「緊急度の高いものと低いもの」の2軸で仕事を別けるというものです。

⑤制限時間を設ける

目標設定も期限を設けると、効率が上がります。

仕事も同じように期限を設けると、効率が上がります。
これは、
時間を意識することで、作業の最後まで気を抜かない効果があります。
簡単なことからはじめて、その作業に期限を設けることで、
最後の詰めまでキッチリと仕上げることができるようになります。

⑥「完璧を目指す」のではなく、「まず終わらせる」 を意識する

シリコンバレーで重視されるのは、「完璧を目指す」のではなく、「まず終わらせる」ことだそうです。とにかく、70%の完成度でもいいから、まずは一旦、終わったことにしてしまい、マーケットにリリースしたり、投資家に見せています。そして、多くのフィードバックを受けて、さらに完成度を上げていきます。

 つまり、シリコンバレーでは「スピード>品質」という考え方が徹底されており、まずプライオリティ(優先度)の最も高いものから片付けることがカルチャーとして根付いてるようです。

 日本では、「完璧でなければ人前に出してはならない」という「恥の文化」が定着しすぎていて、結果として成果物が人の目に触れるまでの時間がかかりすぎてしまう傾向があります。

< 心構え編 >

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});