女優の松岡茉優さんが9月25日、東京都内で行われた映画「ひとよ」(白石和彌監督、11月8日公開)のジャパンプレミア試写会に登場。松岡さんは、映画の内容にちなんで“思い出深い特別な一夜”を聞かれると、撮影で佐々木蔵之介さんの頭をたたいたことと回答。「私は子役からやっているから、(佐々木さんは)私にとって神様のような人」としつつ、「新人(タクシー)ドライバーの佐々木さんに送ってもらうシーンがあるんですけど、そこで佐々木さんの髪をぐっちゃぐっちゃにして、ひっぱったりはたいたり……、まさか先輩の頭をぺんぺんはたく日が来るとは思わず。恐ろしくもあり、興奮した夜でした」と明かしていた。

 主演の佐藤健さんは“特別な一夜”について、撮影で佐々木さんに“飛び蹴り”したときのことを挙げ、「アクションシーンってカット割りとか計算して作っていくものだけど、そういうプランがなかったんですね。だからあれはアクションシーンじゃなくてただの暴力なんです。『蔵之介さんすみません、よろしくお願いします』と言って、全力でいかせていただきました」と説明。

 そのシーンについて、松岡さんが「目の前を佐藤さんが飛んでいったんですよ。『ああ、(るろうに)剣心~!』って思いましたね」と佐藤さんの主演映画「るろうに剣心」に絡めて感想を語ると、佐藤さんは「剣心、あんな雑な飛び蹴りしないから」と冷静にツッコミを入れ、周囲を笑わせていた。イベントには鈴木亮平さん、音尾琢真さん、佐々木さん、白石監督も出席した。

 「ひとよ」は、「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞戯曲・シナリオ賞」などを受賞した劇作家の桑原裕子さん率いる劇団「KAKUTA」の舞台作品を映画化。15年前、稲村家に起きた一夜の事件が母(田中裕子さん)と子供たち3兄妹の運命を大きく狂わせた。一家は、事件にとらわれたまま別々の人生を歩み、15年後に再会を果たす……というストーリー。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});