女優の黒木華さん主演の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が8月2日放送される。予告編には凪(黒木さん)が婚活パーティーに参加している様子や、隣人のゴン(中村倫也さん)から「顎(あご)クイ」されるシーン、元彼の慎二(高橋一生さん)と「恋人つなぎ」で手を引かれる場面などが映し出されている。

 凪が携帯電話を解約し引っ越したことが、母・ 夕(片平なぎささん)にバレた。凪は慌てて新しい携帯を契約し電話すると、親戚の結婚式で、夕が東京へ来ることを知る。部屋を出ると、近所に引っ越してきた龍子(市川実日子さん)が、凪を待っていた。慎二のことを相談していると、2人はゴンと出くわす。龍子は、ゴンの職業がクラブオーガナイザーだと知り、「私たちとは住む世界が違い過ぎる」 とくぎを刺し、出会いの無い凪のため、内緒で婚活パーティーに申し込んでしまう。

 慎二は凪にビンタされた頬にばんそうこうを貼っている姿を、女性社員たちから噂されると、凪がゴンと芋を食べている光景をうれしそうに思い出し、周囲の空気を凍らせてしまった。その頃、凪は隣人のうらら(白鳥玉季さん)、ゴンと一緒に料理をしていた。うららが上階の緑(三田佳子さん)におすそ分けしに行くと、凪とゴンは部屋で2人きりになってしまい……という展開。

 原作はコナリミサトさんがマンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の人気マンガ。28歳の家電メーカー勤務の大島凪は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、マンションも解約し、彼氏を含め関わっていた全ての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとするコメディードラマ。