和田アキ子 (C)Getty Images
  • 和田アキ子 (C)Getty Images
 和田アキ子が、4日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、浜崎あゆみが明かした過去の恋愛について不満を漏らす一幕があった。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 1日に発売された小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。これはノンフィクション作家の小松成美氏が、浜崎への取材をもとにまとめた、事実にもとづくフィクションだという。

 文中には浜崎と、当時エイベックスの専務(現・会長)だった松浦勝人氏との出会いから別れまですべて綴られており、名曲『M』など、彼女が作詞する曲は松浦氏へのラブレターだったことが判明した。

 これについて和田は「(歌詞の中の)『あなた』というのは、聴いている人にいろいろ感じてもらわないといけない」と、リスナーに想像をゆだねるものであると自論。続けて、「『社長のことを歌った歌だった』というと……ちょっと聴くのが、どうですか?」と苦言を呈した。

 さらに引き続き、文中に書かれてある2人の愛のやり取りが詳しくフリップで紹介されると、共演者たちは興奮する一方で、和田は「テレビを通じて言うことじゃなくて、読むものじゃないの?」と反論。さらに書籍の発売タイミングについても「なんで今なんだろう?」と疑問を呈し、「こんな赤裸々に言って大丈夫なのかしら?」と心配。

 また、彼女が書いた歌詞の一節が紹介されると「これ何なの?プローモションですか?」と困惑。最後まで不満がおさらまない様子だった。
《杉山実》