女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第104回が7月30日に放送され、“イッキュウさん”こと坂場一久(中川大志さん)がなつ(広瀬さん)にプロポーズする姿が描かれた。

 作画監督となった下山(川島明さん)の推薦で新たに制作される長編映画の演出に抜てきされた坂場。階段の踊り場で「テレビを抜けて、こっちの原画に参加してもらいたい」となつを誘うと、そこから一気に「そしてもし、この長編映画を成功させたら、成功したら…、僕と結婚してください。結婚してくれませんか?」と思いを打ち明ける……。

 お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんによる“語り”も、思わず「なつよ、出た」と反応する衝撃展開で、SNSでは「イッキュウさん告ったあぁ!」「やっときたーー!」「言ったあああああああ!!」などと前日までの煮え切らない坂場の態度にやきもきしていた視聴者は大喜び。

 さらにSNS上では「急展開キターーっ!」「急展開すぎるんだよ」「いわゆる交際ゼロ日婚?」「今日のなつぞらはすんげえ」「ナレーション『出た』ってw」などと盛り上がりを見せていた。