真島ヒロさんの人気マンガが原作のテレビアニメ「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」(テレビ東京系)が、9月29日放送の第328話で最終回を迎える。エルザ役の大原さやかさんに同作への思いを聞いた。

 --「FAIRY TAIL」シリーズ全328話のアフレコが終了しました。アフレコを終えて感じていることは?

 オーディションから考えると足かけ10年、心身共に寄り添ってきた作品なので、まだ終わったという実感が湧きません。しばらく湧かないと思います。今でもあのスタジオに行けば、毎週顔を合わせてきたギルドのメンバーやスタッフさんたちと、またすぐに会える気分でいます。

 --ファイナルシリーズのアフレコを振り返って、ご自身の演じたキャラクターの好きなところ、演じていて楽しかったところなど印象的なエピソードを教えてください。

 実の母であるアイリーンとの対決は、心からも喉からも(笑い)血が出る思いで収録しました。アイリーンを演じられた本田貴子さんは、尊敬する大好きな役者さんなので、親子として戦うことができて光栄でしたし、生半可な覚悟ではとても勝てないという素晴らしい緊張感もあって楽しかったです。

 --自身が演じたキャラクターにメッセージをお願いします。

 いつでも真っすぐで、りりしくて、カッコいい。時々ふと顔をのぞかせるおちゃめなところも、可愛らしいところも、ギルドの仲間を心から愛する強さも、全部丸ごと、あなたが大好きでした。これからも、一生大好きです。演じさせてくれて、ありがとう。

 --ファンにメッセージをお願いします。

 長い間応援し続けてくださった皆さん、本当に、本当にありがとうございました。ここまで見守ってくれたあなたは、もう立派なギルドの一員です。ギルドマークはあなたの心に刻まれているのです。仲間として、どうぞ最後まで、妖精の尻尾(フェアリーテイル)の生き様を見届けてくださいね!

 「FAIRY TAIL」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で2006~17年に連載。滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)で火を操る主人公のナツ・ドラグニルやヒロインのルーシィ・ハートフィリアら魔導士ギルドのフェアリーテイルのメンバーが、さまざまな依頼を解決しながら成長する姿が描かれた。テレビアニメ第1シリーズが2009~13年、第2シリーズが2014~16年に放送された。ファイナルシーズンはテレビ東京系で毎週日曜午前7時に放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});