この記事は私がまとめました

yurin22222さん

ファスティングとは?

ファスティングは一定期間固形物を摂取しないことでつかれた消化器官を休ませ、体の中からリセットすることを目的としています。断食は、人類史上最も古くからの伝統的な健康法の一つです。

食事の代わりにファスティングジュースを飲用する、体のリセットのことです。必要な栄養素をジュースで摂取できるため、断食と違って安心できます。

ファスティングの方法

1.準備期(1~2日間)

体を慣れさせるための準備期間です。
納豆などの豆類やわかめなどの海藻類、野菜や魚などのバランスの良い食事を心がけてください。脂っこいもは避けて、生野菜や果物、発酵食品を中心に。前日は早めに就寝しましょう。

2.ファスティング(1~3日間)

酵素ドリンクを水や炭酸水などで薄め、1日7・8杯飲むようにします。
水は1日2リットルを目安に。

回復食(3~7日間)

リバウンドを避けるために回復食はとても大切です。3日間ファスティングをした場合は、3日~7日間の回復食期間が必要です。
胃腸に優しい料理からはじめて、ゆっくりと通常の食事に戻しましょう。

おすすめの回復食

1.胃腸に優しい食べ物を食べる
2.腹八分目で抑える
3.「まごわやさしい」食材を食べる
  ま : 豆類・豆乳
  ご : ごま
  わ : わかめ
  や : 野菜
  さ : 魚
  し : しいたけ・キノコ類
  い : イモ類

【回復食1~3日目】
・おかゆ(重湯)
・みそ汁(具なしからはじめて、徐々に豆腐などを入れる)
・野菜スープ

【回復食4~5日目】
・うどん
・ポトフ
・温野菜サラダ
・切り干し大根の煮物

【回復食6~7日目】
・小松菜のおひたし
・ひじき煮
・筑前煮
・鶏肉とピーマンの炒め物

ファスティングダイエットの注意点

「精神的に参っているときは避ける」
精神的に参っているときは何かにすがりたくなります。ふつうにしてても食欲がなくなるので、断食をすることで拍車がかかります。

ファスティングは、2日目が一番辛い時といわれています。倦怠感や吐き気、発熱などの症状が出る場合は無理をせずファスティングを中止しましょう。

次のような場合は、ファスティングをしてはいけません。

・妊娠中や病気治療中
・すでに痩せすぎの状態にある場合
・風邪をひいているとき
・生理中のとき

1