梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
  • 梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
 梅沢富美男が、18日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演。ハラスメントに対する持論を展開する一幕があった。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 最終回となったこの日は、昭和と平成2つの世代が様々な社会問題を論じ合う生放送。そこで取り上げられたのが「パワハラ問題」。トーク前のVTRでは、休日にイベントの参加を義務付けたら「休日ハラスメント」、上司が部下に若いころの苦労話を語って聞かせたら「自慢話ハラスメント」、部下とのランチで自分のおすすめを注文したら食べたいものが食べられなかったと「グルメハラスメント」など、実際に若者から寄せられた被害例が紹介された。

 このVTRを受けて徹底討論をしてもらう前、梅沢は「芸能界の話はするなよ」と注意。さらに繰り返し「1つだけ言っておく。芸能界だけは(ハラスメントは)通用しないからな」と忠告した。

 さらに「芸能界ってのは、それで飯食ってるんだ」と主張した梅沢。先日のオンエアで、オアシズ大久保佳代子に対する「ブスは黙ってろ」という発言が炎上した件を持ち出しながら、「彼女はそれで売っている」と述べ、「普段からセクハラなんかしていない。テレビだから、わざとやってる」と語った。

 また梅沢は、オーディションは、誰か逸材を見つけられないかと思って多く人を呼ぶと話し、「引っかからないのは当たり前のこと」と、受ける側の心の強さを求めた。

 この後も、「バラエティーだからわざと(キャラを)演じている。普段から女の子の胸や尻を触ったことは一度もない」という梅沢。長嶋一茂が「じゃあ青山の人は?」と聞かれると、「あれは飲み屋のねえちゃんだ」と正直に答えていた。
《杉山実》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});