女優の高畑充希さんがこのほど、川崎市内で開催された、10月スタートの主演ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)の会見に登場した。ドラマは、高畑さんが主演を務めた「過保護のカホコ」(同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。「忖度(そんたく)できない」という主人公・北野サクラを演じる高畑さんは、「遊川さんと組むときは、だいたい変な役をやらされる。サクラも結構変な人なので、私は普通の人だということを伝えたい。超ノーマルということを伝えたい」と力強く語り、周囲の笑いを誘った。

 ドラマは、「過保護のカホコ」「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)で知られる遊川さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。過疎の離島で育ち、花村建設に入社したサクラと同期たちの10年間を、1話ごとに1年ずつ描く。10月9日から毎週水曜午後10時放送。

 この日の会見には、サクラの同期役で出演する橋本愛さん、新田真剣佑さん、竜星涼さん、岡山天音さんも出席した。高畑さんは自身が演じるサクラについて「サクラは、忖度しない人。忖度ができなさすぎて、生き方としてはいいのかは分からないけど、すごくカッコいいし、うそがないから、とても信用できる人だなと思うので、憧れる部分もあるし、眺めていて面白いなという部分もある」と説明した。

 サクラの同期の月村百合を演じる橋本さんも、サクラについて「本当に変な人。目をずっと見開いていて、まばたきもしないし、本当に妖怪ぐらいの……。日常ではなかなか出会うことがない人」と表現。続けて、「でも、サクラの中にある根っこの部分は人間らしいもので、それを見るたびに『私、近いかもしれない』と思う。自分が演じる百合ちゃんは(サクラとは)真逆なので、百合ちゃんの思考と感情に引き戻すのが今は大変。(サクラを)応援したくなっちゃうので、どうにか心の中で毒づいてというのを頑張っています」と語った。

 高畑さんら同期を演じる5人のキャストが初めてそろったのは、入社式のシーンだったという。高畑さんは同シーンを振り返り、「もっと身長高くなりたかったなと思いました」とコメント。「今回、みんなすごく大きいんです。みんなは入社式のシーンで、黒のスーツをパリッと着ていたのですが、その中で私はメガネにグレーのスーツだった。(自分以外の)4人がばっと後ろを振り返る4ショットのシーンがあって、カッコいいなって思いました」と話した。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});