この記事は私がまとめました

hayate15さん

ふとももが太くなる原因とは?

太もも痩せを成功させる最大のポイントは、自分の太もも太りの原因に合ったダイエット方法を行うことです。



まずは、ご自身の太もも太りの原因をチェックしてみましょう。



太ももが太くなってしまう原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

足にメリハリがない方は『脂肪太りタイプ』



『脂肪太り』の主な原因は、摂取しているカロリーに対して、消費カロリーが少ないためです。

食事量が多く、運動量の少ない方に多いのがこのタイプです。

スポーツを辞めて太った方は『筋肉太りタイプ』



『筋肉太り』の主な原因は、運動を辞めて基礎代謝が落ちたにもかかわらず、以前と同じ食事量を続けているために、筋肉のまわりに脂肪がついてしまっていることが考えられます。

『水太り』の主な原因は、ズバリむくみです。



むくみの原因は、冷え性・血行不良・塩分の取りすぎ・睡眠不足・運動不足・代謝の低下・ホルモンバランスの乱れ・長時間の同じ姿勢など。



上記のような理由から、リンパの流れが滞ってしまい、老廃物・余分な水分・脂肪が体に溜まってしまい、足が太く見えてしまっているのです。

原因・タイプ別!太ももを細くする方法

「脂肪太りタイプ」の太もも痩せ

「脂肪太り」タイプの方は、名前の通り「脂肪」が太もも太りの原因なので、食生活の見直しが必須となります。

ですが、いきなり大幅な食事制限を行っても、なかなか長続きしませんし、リバウンドしやすい傾向にあるので注意が必要です。

まずは「間食を辞める」「炭水化物を控える」といった簡単なものから始め、徐々に食事量を減らしていきましょう。

適度な運動をする

運動といっても、ハードなものを行う必要はありません!

脂肪燃焼に効果的なウォーキングやジョギングなどの有酸素運動からはじめてみてください。

脂肪の燃焼は、運動を開始して15〜20分後から始まるので、最低でも20分以上は行うようにしましょう。

リンパマッサージをする

運動が苦手という方は、リンパマッサージでこまめなケアを行うのがオススメです。

当然リンパマッサージだけでは、劇的な太もも痩せの実現は難しいのですが、リンパマッサージを行うことで、運動不足などにより滞っていたリンパ液がスムーズに流れ、むくんでいた太ももがすっきりします。

「筋肉太りタイプ」の太もも痩せ

『筋肉太り』の方は、ストレッチやマッサージを行うことにより、固まってしまっている筋肉がほぐれ、血流やリンパの流れが良くなります。

血流やリンパの流れが良くなると、滞っていた老廃物や余分な水分を排出できるので、むくみが解消され、痩せやすい足を作ることができます。

足のむくみをとるマッサージのやり方

・足の外側から真ん中、内側を、下から上に親指でこすりましょう。

・くるぶしの下や膝裏には老廃物が溜まりやすいので、しっかりマッサージしましょう。指の腹ではなく指の関節をあてて少し強めにごりごりと擦るとよいでしょう。

・以外と忘れがちな足の甲にも水分が溜まっています。痛みを感じるところは詰りが生じているところなので、念入りにマッサ―ジをしましょう。

水太りタイプ

塩分の摂りすぎはNG

塩分を摂りすぎてしまうと、体内のナトリウム濃度が高くなります。

ナトリウム濃度が高くなると、体はナトリウム濃度を下げるために、水分を溜め込みます。これにより、むくみが生じてしまうのです。

脂質の摂りすぎはNG!

脂質の摂りすぎにも注意が必要です。

脂質を摂りすぎてしまうと、塩分同様に体内のコレステロール濃度が高くなります。体内のコレステロール濃度が高くなると、血行が滞ってしまい、むくみが生じやすくなってしまいます。

アルコールの過剰摂取もNG!

アルコールを飲むと、血中のアルコール濃度を下げようと働くため、体が水分を溜め込みやすなり、むくみやすくなってしまいます。

日頃からむくみやすい方は、飲み過ぎは控えるようにした方が良いでしょう。

太もものダイエットに効果的な有酸素運動

効率よく太ももに負荷を掛けることで、痩せづらい太ももも細くすることができるのですが、それには有酸素運動がよいと言われています。

しかし、有酸素運動と聞いて思い浮かべるのは、ジョギングや水泳といった家の外へ行く必要のあるものではないでしょうか。

もっと気軽に、自宅でできる有酸素運動はないものかしら?と考える方も多いと思います。

そこでここでは、自宅で簡単にできる太もも痩せに効果的な有酸素運動をご紹介したいと思います。

エア自転車こぎで脚やせ

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});