歌舞伎俳優の尾上菊之助さんが9月30日、東京都内で行われた12月に公演される新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の制作発表会見に登場。同作は1984年に劇場版アニメも公開された宮崎駿監督の名作マンガが原作。歌舞伎化は主人公ナウシカを演じる尾上さんが熱望したといい、尾上さんは「宮崎監督が大事にしている、ジブリさんが大事にしているものをお預けいただいた責任感は感じております」と胸中を明かし、「日本の古典の代表の一つの歌舞伎と、現代の日本文化の代表のアニメーションが合流します。歌舞伎ファンのみならず、アニメファン、ジブリファンの方も納得できる作品にしたい」と意気込みを語った。

 尾上さんは、「ナウシカ」の歌舞伎化のきっかけについて、「来年、東京五輪があるけど、そこに向けて何か新作歌舞伎を作れないかなというのが出発点。海外の客様も多くなるし、日本の方も、日本文化についていろんな面で感じる機会も増えるでしょうから」と説明。また、原作者の宮崎監督とのコミュニケーションについては「直接は、実はまだお話できていなくて。(スタジオジブリの)鈴木敏夫さんを介してお話させていただいています」と明かした。

 歌舞伎化の課題について尾上さんは「古典歌舞伎とナウシカの作品観の合流地点を探すのが大変」と苦笑し、「細かいところでは衣装。どこまでキャラクターに寄り添っていくか。あまりアニメ、アニメしてしまうと、歌舞伎らしさがどこなのか感じていただけないので、合流地点を探すのが醍醐味(だいごみ)の一つですね」と語った。

 会見には、トルメキアの皇女・クシャナ役の中村七之助さん、スタジオジブリの鈴木プロデューサー、演出を担当するG2さん、松竹の安孫子正副社長も出席した。

 原作の「風の谷のナウシカ」は、宮崎監督が1982年に雑誌「アニメージュ」(徳間書店)で連載を開始し、13年かけて完結した名作マンガ。「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に覆われた最終戦争後の世界を舞台に、辺境の小国・風の谷に住む主人公の少女ナウシカの活躍を描いており、兵器「巨神兵」を復活させる力を秘めた秘石を偶然手にしたナウシカが、愚かな戦争や、腐海や蟲が起こす困難に立ち向かう……という内容。劇場版アニメは宮崎監督の初期の代表作となった。

 新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」では、劇場版アニメでは描かれなかった全7巻のマンガの壮大な物語すべてを昼の部・夜の部通しで上演する。新橋演舞場(東京都中央区)で、12月6~25日。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});