俳優の福士蒼汰さんが、10月から放送される連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)に主演することが8月5日、分かった。福士さんが同局の連続ドラマの主演を務めるのは初めて。また、ヒロイン役で、福士さんと初共演となる女優の菜々緒さんの出演も発表。同作は主人公と義姉との“禁断の恋”を描き、これまで“悪女”などを演じてきた菜々緒さんが“ナチュラル系”に大胆イメチェンし、心優しく天真らんまんな女性を演じるという。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたキリエさんの同名マンガが原作。手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士の花巻みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との“禁断の恋”を描く切ないストーリー。福士さんはみこと、菜々緒さんは沙羅を演じる。

 幼い頃に母を亡くし、その後、父の再婚相手である義母、そして義母の連れ子の3人の兄弟と家族になったみことは、一つ屋根の下で暮らす義姉・沙羅に密かに思いを寄せていた。ある日、沙羅が28歳の誕生日にこの世を去る運命を見てしまう。沙羅の幸せを心から願い、どうにかして命を救いたいと必死に考えるみこと。しかし、これまでに見た「死の運命」は、救命士としてどんなに手を尽くしても必ず現実になってしまっている。残酷な運命を変えようと苦悩しながら、胸に秘めた沙羅への思いは抑えきれなくなり……という内容。

 連続ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)の櫻井剛さん、河野圭太さん、橋本芙美さんが、それぞれ脚本、演出、プロデューサーを務める。

 ◇福士蒼汰さんのコメント

 本作のお話をいただいてすぐに原作を読ませていただきました。ラブストーリーの名作はたくさんありますが、そのどれにも負けないくらいとても感動できる作品だと思います。原作を読んで涙し、台本を読んでまた泣きました。

 「手を重ねた人の“死の運命”が見える」というフィクションの要素はありますが、物語はとてもリアルで新しいラブストーリーだと思います。主人公が運命にあらがって進んで行く中で、人間の本質的な部分が見えてくるところも面白いと感じました。

 今回で初めて共演させていただく菜々緒さんは、これまで強い女性の役が多かった方という印象なので、天真らんまんな沙羅というヒロインをどう演じられるのか、ご一緒させていただくのが今からとても楽しみです。

 この作品は、切ないラブストーリーとしての側面を通して、「生」と「死」についても深く考えられる作品になっていると思うので、涙覚悟でぜひご覧ください。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});