この記事は私がまとめました

Young.Yさん

1つめ ミスした後にミスしたことを忘れる。

物事をよく考えない人に多い傾向にありますね。

ミスしない状況をパターン化して考える。

とことんミスした理由について追求しなくてはなおらない。

元々寝れば嫌な事忘れるしある程度大人になってから同業以外には仕事の愚痴をあまり言わなくなったけどモヤるもんはモヤるんだよな

名言ですな、、

本当にミスした時は嫌すぎて、忘れてしまう。それがまさに致命的なミス。

事務員が半日で注意したことを忘れる もうやだ 事務が機能しないせいで仕事が増える 事務員無駄にいるのに……障害者枠できてる人が1番出来るというなぞ…………

疲れすぎて課長への報告は忘れるし、係長に誘われてた講演会は適当な理由でキャンセルするし、暇そうな先輩に自分の仕事をやらせるし…っていう有様だったんだけど許してほしい。わたしは疲れているのだ

2つめ スケジュール管理ができていない。

仕事の優先順位がばらばらな人が多いですね。

箇条書きにしてやることを書き出す。

<正確な作業時間を把握する方法>

▼普段、行っているルーティン業務をすべて書き出す

▼仕事を終えるまでにどのくらいかかったか、時間を計る

この方法ですべての業務で時間を計ってみて、実際の数値とイメージにずれがある場合には、認識を改めておく必要があります。

出典