最後の平成仮面ライダー作品となる「仮面ライダージオウ」と、令和初の仮面ライダーとして話題の「仮面ライダーゼロワン」のバトンタッチイベントが、8月25日に丸の内TOEI(東京都中央区)で開催されることが分かった。「仮面ライダージオウ」から奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さん、「仮面ライダーゼロワン」から高橋文哉さん、岡田龍太郎さん 、鶴嶋乃愛さん 、井桁弘恵さんといったレギュラーキャストが登場する。

 イベントでは「仮面ライダージオウ」の最終回上映と、「仮面ライダーゼロワン」の第1話先行上映を実施。また、キャストによるトークショーも行われる。イベントの模様は、東映特撮が楽しめるアプリサービス「東映特撮ファンクラブ」、KDDIの動画配信サービス「ビデオパス」などで同日午後1時10分から生配信を予定している。

 「仮面ライダージオウ」は、2000年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダー作品となる。主人公の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野さん)は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする。8月末まで放送。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、「AI=人工知能」がテーマとなる。AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台で、主人公はAI企業「飛電インテリジェンス」の社長となる青年・飛電或人(ひでん・あると、高橋さん)。自社が開発したAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走し、或人は仮面ライダーゼロワンとして、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく……というストーリー。9月1日から放送される。