映画「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」(上堀内佳寿也監督)が7月26日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。スーパー戦隊シリーズ第43作で、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)の劇場版。パワフルな恐竜の力と正義の魂を持つ騎士を掛け合わせたリュウソウジャーが、凶悪なドルイドンから地球を守るため相棒の騎士竜と共に戦う姿を描く。劇場版は、地球に隕石(いんせき)が衝突した6500万年前にリュウソウジャーがタイムスリップする。

 マイナソーの能力で、コウ/リュウソウレッド(一ノ瀬颯さん)たちは6500万年前の地球にやって来る。本物の恐竜たちが生息し、自らの先祖・リュウソウ族がドルイドンと戦っていた。そんな中、巨大隕石が地球に迫りつつあり、巨大マイナソーがリュウソウ族を滅ぼそうと暴れ出す……。

 俳優の佐野史郎さん、北原里英さん、スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」(2009~10年放送)で花織ことは(シンケンイエロー)を演じた森田涼花さんらがゲスト出演している。

 リュウソウジャーたちが過去へとタイムスリップし、リュウソウ族のルーツをたどっていくストーリーは見応えがある。劇場版ならではの壮大なスケールや迫力ある恐竜たちの姿には、胸を躍らされた。とにかくリュウソウジャーたちのカッコよさが炸裂(さくれつ)し、ヒーローものの醍醐味(だいごみ)を十分に味わえる。

 個性豊かなメンバーたちのさまざまな表情や感情が描かれ、キャラクターたちの新たな魅力を楽しめるのもいい。森田さんの出演という、スーパー戦隊ファンの心をくすぐる演出も心憎い。特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督)との2本立て。(遠藤政樹/フリーライター)