特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第47話(8月11日放送)から2週にわたって魔進チェイサーが登場することが8月4日、明らかになった。2014~15年に放送された「仮面ライダードライブ」で異彩を放った「死神」で、俳優の上遠野太洸さんがチェイスを再び演じる。

 「仮面ライダージオウ」では、スウォルツ(兼崎健太郎さん)の手によって他のダークライダーたちと共に現代に復活。冷徹な「死神」としてゲイツ(押田岳さん)らに襲いかかる。そんなチェイスに対してゲイツは、映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督)で出会った詩島剛(稲葉友さん)の名前を語り、目を覚まさせようとする……。

 「仮面ライダージオウ」は、2000年にスタートした「仮面ライダークウガ」から続く「平成仮面ライダー」シリーズの20作目の記念作で、最後の平成仮面ライダー作品となる。主人公の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)は、時空を旅して、歴代平成仮面ライダーたちと出会いながら、「最高最善の魔王」になろうとする。

 ◇魔進チェイサー/チェイス役・上遠野太洸さんコメント

 皆様はじめまして、あるいは、お久しぶりです。「仮面ライダードライブ」でチェイス役を演じさせていただきました、上遠野太洸です。この度ありがたくも再び「仮面ライダー」の現場に関わらせていただけて、感謝の念でいっぱいです。現場でも、スタッフの方々の「おかえり」の言葉に胸が熱くなりました。平成最後のライダーとなる「仮面ライダージオウ」でチェイスとして復活し、それが作品の盛り上がりの一助となれるなら幸いです。どうか最後まで「仮面ライダージオウ」の世界をお楽しみください!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});