俳優の北村匠海さんが8月8日、東京都内で行われた劇場版アニメ「HELLO WORLD」(伊藤智彦監督、9月20日公開)のプロジェクト始動イベントに登場した。北村さんは本作で声優初挑戦。アニメが昔から大好きで、声優への挑戦は「夢がかなった」といい、アニメの中でも「ガンダムが大好きです。ファーストガンダムです。ジオン軍に入りたかった」と語った。

 イベントには、声優を務める浜辺美波さん、松坂桃李さん、伊藤監督、主題歌を担当する「OKAMOTO’S」「Official髭男dism」「Nulbarich(ナルバリッチ)」も登場。浜辺さんは、アフレコの収録現場で「ひたすら北村さんにガンダムの魅力についてプレゼンをされていた」と振り返った。また北村さんは、自身の家族がジブリ作品が大好きな「ジブラー」だと話し、愛犬の名前も「千と千尋の神隠し」に登場するハクだと明かし、アニメ好きの一面を見せていた。この日、会場には天井高7.5メートル、幅25メートルに投影可能なプロジェクターが登場し、アニメのスペシャル映像が公開された。

 「HELLO WORLD」は、アニメ「ソードアート・オンライン」「僕だけがいない街」などの伊藤監督が手がけるオリジナル作。「正解するカド」などの野崎まどさんが脚本、「けいおん!」などの堀口悠紀子さんがキャラクターデザインを担当し、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」などのグラフィニカが製作。北村さんが高校生の主人公・堅書直実、松坂さんが10年後の未来からやってきたカタガキナオミ、浜辺さんがヒロイン・一行瑠璃(いちぎょう・るり)をそれぞれ演じる。

 物語の舞台は2027年の京都で、内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。ナオミによれば、瑠璃は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうという。直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、現実世界に隠された秘密を知ることになる……という展開。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});