俳優の三浦春馬さんが主演を務める連続ドラマ「TWO WEEKS(トゥーウィークス)」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が7月23日に放送され、平均視聴率は5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回の8.4%(同)から2.5ポイントダウンした。

 ドラマは、同名の韓国ドラマが原作。殺人未遂の罪で服役し、毎日をただ刹那(せつな)的に過ごす中、殺人のぬれぎぬを着せられ逮捕された結城大地(三浦さん)が、白血病の娘はな(稲垣来泉ちゃん)を救おうとする2週間の逃亡劇を描く。

 第2話は、ホステスの柏木愛(立花恵理さん)を殺害した疑いで逮捕された結城が、護送車から脱走。同じ頃、愛の協力で、実業家の柴崎要(高嶋政伸さん)のことを調べていた検事の月島楓(芳根京子さん)は、愛の遺品の中に渡したはずのデジカメがないことに気づく。そして、デジカメに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。一方、結城は警察に追い込まれていた。行き場を失った結城は、身を潜めながら8年前のことを思い出していた。「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる?」と脳裏にある男の顔を思い浮かべ……という展開だった。