この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「人間関係とはこういう事」報告をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「人間関係とはこういう事」報告をまとめてみました!

○距離が近くなり過ぎることが原因の一つ

勝手に悪い方へ想像して、想像しているうちにさもそれが事実であるように錯覚して、自分のことも他人のことも嫌いになってしまう時がある。でもそれは、あくまでも想像であって、根拠のある事実ではない。そうなりかけたら一旦休もう。一旦離れよう。距離が近くなり過ぎることが原因の一つでもある。

@sleep1111 すりこさん、今まさにもうどうでもいいや!って自暴自棄になって人間関係全部捨てよう、って決めて「もういいや、会社辞めよ!」って口に出した瞬間にこのtweetを見たので運命だと思ってもう少しがんばります。 いつもあなたの心に救われてます。

○他人をいじることで笑いを取る

「他人をいじることで笑いを取る」 という人がいませんか? 実は男性脳の人はその傾向が強く、自分を優位に立たせたいという心理から来ているそうです もし雑な振りや、急なイジりをしてくる人がいたら この人は対した力も無いくせに自分をすごいと思ってるんだなと哀れんであげてくださいね

@yukino_hoshibu2 別にいじられるのは良いんだけど 「いじり」と「侮辱」を履き違えてるアホが腹立つ

@yukino_hoshibu2 @Lioyd_1119 初めまして 最近のバラエティ番組は個人的にこのような傾向がある気がするので嫌いです

@yukino_hoshibu2 まぁでも、全ての人がそれに該当するって訳でもないんじゃないんですかね?

@yukino_hoshibu2 いじり返してみてください。それで道化になってくれる人ならそう悪い人ではないかと。 逆ギレしたりふてくされたり、ムキになって過剰にいじってくる人が稀にいます。そういう人は哀れというか単純に嫌なヤツなんです。 付き合うのを止めましょう。

○全部「ご縁」で片付けてる

最近、人間関係のあれこれは全部「ご縁」で片付けてる。誰かに嫌われても「この人とはご縁がなかった」と思うことにしてる。「自分のどこが悪かったのか」とか考え出すと無間地獄だし。いい悪いじゃなく「ご縁」としかいいようのないことって確かにある。

@hayakogoto ご縁がないという言葉は仏教敵には少し違うみたいで、 例えば、「彼氏と別れた、だから彼とは縁がなかったのね」ではなく、 「彼氏と別れた、だから彼氏とは別れる縁に恵まれた」と考えるのだと仏教を教えられている先生に聞いてから 私は「その人とは上手くいかない縁だった」と考えています!w

○本当の仲の良さ

「仲が良い」を「調子に乗っても許される関係」と勘違いする人がすごく苦手。タメ口で話すことが仲良くなる近道みたいな考え方の人と割と近い。何度も言うけど本当の仲の良さっていうのは「距離が近い」ではなくて「程よい距離感を保てる」ことなんだと思う。

@ma_ru_kin 仲が良いってのは ノールックで投げた遠くのゴミ箱やバスケゴールにスポって入る感じだからね

@ma_ru_kin 外からお邪魔します。 「親しき仲にも礼儀あり」ということなのでしょうね。

@ma_ru_kin 「仲が良い」を「調子に乗っても許される関係」と考える人どうしだと、超絶仲良しに見えますけど。 それは勘違いではないんじゃない?価値観の違いですから。と言っても、自分自身は上記の関係は苦手ですが。

@ma_ru_kin すっごくわかります。新しい職場で、初対面で歳近いってことがわかった瞬間からタメ口になる子とか多いんですが、苦手です。でもそれを言うと、プライド高いだとか、絡みづらいみたいなこと思われるみたいで、言えないです…が、やっぱり違和感を感じるし、苦手です……でもわかってくれない…

○大人になってからの人との別れ

大人になってからの人との別れは、諍いがあったからとか、拒絶されたから、とか、そういうことではなく緩やかに距離が開いていく。「あ、ちょっと違う」という上手く言葉にならない感覚がある。二度と会えないわけじゃない。波のように寄せては返す。離れてもまたいつか、近づくこともある。

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});