女優の黒木華さん主演の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が8月9日放送される。予告編には「完全に恋に堕ちました」というキャッチコピーに、凪(黒木さん)が隣人・ゴン(中村倫也さん)と手をつないでデートしているシーンや、ゴンが凪の元彼・慎二(高橋一生さん)に「凪ちゃんの元彼君、俺と勝負しない?」と挑発する場面などが収録されている。

  ゴンが、付き合った女の子をダメにしてしまう“メンヘラ製造機”だと知った慎二。凪とゴンの関係を気にしつつ、会社員時代の凪と同じストレートヘアの市川円(唐田えりかさん)との距離が縮まっていた。一方、完全にゴンにメロメロになっていた凪は、ゴンの自由な振る舞いにモヤモヤを感じていた。

 そんな中、凪が気になる慎二は、またしても凪のアパートへ向かう。凪は出てこず、なぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに……という展開。

 原作はコナリミサトさんがマンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の人気マンガ。28歳の家電メーカー勤務の大島凪は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、マンションも解約し、彼氏を含め関わっていた全ての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとするコメディードラマ。