東村アキコさんのマンガを女優の杏さん主演で実写化した連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が8月14日に放送された。鐘子(杏さん)の姉で、仲間由紀恵さんが演じる葉子が不倫。谷原章介さん演じる夫・賢治の、葉子に対する“疑惑”が“確信”に変わった瞬間が描かれ、SNSでは「偽装不倫の賢治さんこっわ」「稲川淳二ばりに背筋凍った」などの反響があった。

 第6話では、「結婚記念日のリベンジ」として熱海旅行に行くことになっていた葉子と賢治だったが、結局、葉子は仕事を理由にドタキャン。不審に思った賢治は、鐘子に葉子がどこにいるのか聞いてほしいと依頼し、さらに、葉子の会社まで出向き、葉子が出社していないことを確かめて……という展開だった。

 SNSでは、「賢治さん、仕事場まで確認に来ちゃったよ……そして確信へ」「今までLINEに顔文字使ってこなかったのに『怒らないから誰といるのか教えて』の時だけニコちゃんマーク使ってくるの怖すぎるだろw」「一番怖いタイプwww」「谷原章介の笑顔がただただ怖い」といった声が上がった。

 また、これまでにも、杏さんの夫で俳優の東出昌大さんが出演した連続ドラマ「あなたのことはそれほど」(あなそれ、TBS系)の名前を出し、「谷原章介絶対東出化する」などの声が上がっていたが、今週も「お兄さんの東出化に期待して見てしまう」といった声が上がっていた。

 「偽装不倫」は、ウェブマンガサービス「LINEマンガ」で連載中の東村さんのマンガが原作。32歳で独身、彼氏なしという“おひとり様女子”の濱鐘子(杏さん)は、一人旅で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚さん)に自分は既婚者だとうそをついてしまう。「既婚」というタグがついたことで、絶望的にモテなかった鐘子に思いがけず恋のチャンスが巡ってくる。鐘子は丈に「この旅行の間だけでいいから、僕と不倫しましょう」と言い寄られ……という展開。不倫といううそから始まる純愛が描かれる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});