世界最高峰の総合格闘技イベント「UFC241」が日本時間8月18日、米カリフォルニア州アナハイムで開催される。メインイベントは、1年ぶりの再戦となる王者ダニエル・コーミエ選手対スティーペ・ミオシッチ選手のUFC世界ヘビー級タイトルマッチ。さらに“悪童”ネート・ディアス選手が、元ライト級王者アンソニー・ペティス選手を相手に3年ぶりのオクタゴン復帰戦を行う。WOWOWの「UFC-究極格闘技-」解説者を務める格闘家の高阪剛さんが「UFC241」の見どころを語った。

 ◇コーミエはやりづらい

 ――「UFC241」のメインイベントは、コーミエ選手vsミオシッチ選手のUFCヘビー級タイトルマッチ。じつに丸1年ぶりの再戦になりますが、この一戦を高阪さんはどう見ていますか?

 前回の試合以降、コーミエ選手はデリック・ルイス相手に一度防衛戦を行なっていますけど、ミオシッチ選手は試合自体が1年ぶりなんですよね。だからある意味で、1年の時を経たとはいえ、ダイレクトリマッチみたいなもの。そしてコーミエ選手からしたら、前回勝っているだけにやりづらいと思うんですよ。

 ――KOで倒した相手との再戦ですから、コーミエ選手にとってはメリットが少なく、リスクの方が多い試合だと。

 そうなんですよ。自分がチャンピオンであることを証明するには、もう一回勝たなきゃいけないわけで。だからコーミエ側からしたら、前回のようなことをもう一度起こせるかどうかがポイントになりますね。

 ——前回はライトヘビー級王者だったコーミエが体格差をはねのけ、右フックでの1ラウンドKO勝利でした。

 前回は4分台という短い試合時間でしたけど、その中で勝敗を分けるポイントは、中盤の組みの展開にあったと思うんですよ。スタンドで組みの攻防があったあと、コーミエは離れ際に左のジャブを当てているんですよね。そこから、同じようなタイミングで左のジャブが当たりだして、さらにローキックが入りだしていたんです。

 ――あそこで、いいジャブを当てたコーミエに試合が傾いたという。

 組みの展開は、ミオシッチ的にはもしかしたらテークダウンも奪えたかもしれない場面だったんですけど、コーミエがうまくそれをいなして、そこで一瞬、ミオシッチ選手が失速しかけたように見えたんですね。コーミエはそこを見逃さずにジャブを当てて、自分の距離を設定することができたんです。それと同じことが、今度の試合でもできるか、ということです。

 ――当然、ミオシッチ選手も今度はキワの攻防や、スタンドでの距離の設定というものに細心の注意を払う、ということですか。

 だからあそこで、逆にミオシッチ選手が距離をとって、前蹴りやローキックでコーミエ選手を前に出させないようにしていたら、試合も1ラウンドでは終わってなかったと思います。

 ――身長もリーチも、ミオシッチ選手が上回っていることがその理由ですね。

 でも、コーミエ選手を中に入れてしまったことで、ジャブももらってしまい、それが結果的に致命傷になっていったわけです。コーミエ選手のジャブってすごく強いんで、フィニッシュブローは右フックでしたけど、その前の何発かのジャブで、ミオシッチ選手は軽い脳しんとうを起こしていたんじゃないかと思うんです。

 ――ジャブが入り出した時点で、試合は半ば決していたと。

 で、その距離にならなければコーミエ選手のジャブはもらわないので。距離の設定を長く取れるのはミオシッチ選手の方ですからね、それをやられたらコーミエ選手はつらくなるんじゃないかと思います。

 ――コーミエ選手にとっては、前回より苦しい展開が予想されるわけですね。

 そうだと思います。また、前回はサミング(アイポーク)があったというのも、ひとつのポイントだと思うんです。しかもあれは、コーミエ選手が相手の突進を止めようとして、手を前に出したときに指が目に入ってしまったのではなくて、フリッカージャブ的にパンチを出した時に指が開いていて、それが目に入ってしまったんですよね。

 ――事実上の“目潰し攻撃”と同じことになってしまったわけですね。

 だから、ミオシッチ選手はそうとう目玉のダメージが大きかったと思うんです。試合再開後、ミオシッチ選手が不用意に前に出てしまいましたけど、もしかしたらダブルビジョンで距離感がわからず、それでコーミエ選手の距離に出ていってしまったことも考えられますからね。とにかく、そういったことも含めて、ミオシッチ選手としては近い距離になりたくないですね。

 ――では、ミオシッチ選手が自分の距離で闘うことができるかどうかが、この試合のポイントだと。

 そこは非常に大きいと思いますね。同じ轍(てつ)は踏みたくないでしょうから。

 ◇3年ぶりの再戦は「間違いなくいい試合」

 ――「UFC241」でもう1試合、タイトルマッチ級に注目されているのが、ネート選手vsアンソニー選手の一戦。ネート選手はコナー・マクレガー戦(16年8月20日「UFC202」)以来、実に丸3年ぶりの試合なんです。

 その間、別に大きな手術をしたとか、そういうわけじゃないんですよね?

 ――いや、この3年の間にジョルジュ・サンピエール戦やダスティン・ポワリエ戦がうわさには上がったんですが、ポワリエの負傷あったり。あと、ネート選手がマクレガー戦ですっかりセレブになったこともあり、なかなか交渉がまとまらなかったようです(笑い)。

 そういうことなんですね(笑い)。

 ――ですから、ファンにとっては本当に待望のネート復帰戦となります。

 そうなりますね。また、相手がアンソニー選手というのが絶妙ですよね。お互い激闘型なので、まずハズレはない試合だと思うので。いまのネート選手の状態がどうなのか分かりませんけど、昔のまんまのネート選手だったら、間違いなくいい試合になるでしょうね。

 ――両者ともにけんか上等というタイプです。

 そうですね。両者ともに打撃でガンガンくるタイプですけど、違いで言えば、アンソニー選手の方がパンチにしても蹴りにしても、時たま変則的な動きを仕掛けてくるんですよ。前回のスティーブン・トンプソン戦なんかでも、かなり押されていた展開だったのに、スーパーマンパンチで逆転KO勝ちしていますからね。それもケージを後ろに背負いながら、ケージの縁を踏切に使ってより強いスーパーマンパンチを出していたんです。

 ――ベンソン・ヘンダーソン戦で見せた、“ショータイムキック”だとか、そういう意表を突く大技を出してきそうですね。

 で、ネート選手は“そんなの気にしねえよ”って感じで前に出てくるタイプだから、そういう打撃でネート選手を倒すようなことがあったら、またペティス選手の株があがると思いますね。

 ――あとポイントとなるのは、ローキックの攻防でしょうか。ローを蹴られるのは、ネート選手の弱点でもありますから。

 ネート選手はそういった蹴り技に対しては、自分でもあまり出さないし、対処もそんなにしないんですよね。

 ――痛くても我慢する、という(笑い)。

 その一方で、ネート選手は一見雑そうに見えながら、すごく効くパンチを持っていますからね。手打ちのように見えるパンチがどんどん効いていって、相手はダメージを蓄積してしまうという。だから、そういう強みと弱みの両方があるネート選手を、ペティスがどう攻略していくかが、見ものですね。

 ――ペティス選手は、このところ戦績こそ勝ったり負けたりを繰り返していますが、勝っても負けても毎試合のようにパフォーマンスボーナスを獲得しています。

 それで毎試合、血だらけになっているんですよ。だから今度の試合も、両者血だらけの殴り合いになるんじゃないかな。この試合はセミ前ですよね? メインイベントの前に、もうオクタゴンのマットが血まみれになってるんじゃないかと(笑い)。

 ――それぐらいの“血闘”になるだろうと(笑い)。

 だから「UFC241」が行われる日は、一般的には盆休みの最終日ですよね? だから一般サラリーマンの人も、この試合を見たら休みボケが吹っ飛んで、“俺もやったるぞ!”と思うような試合になるんじゃないかな。ヤクザ映画を見たあと、肩で風切って歩くようなことが起こりそうな気がします(笑い)。

 *……試合の模様は、「生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC241 in カリフォルニア ヘビー級王者コーミエが元王者ミオシッチと再戦!王座防衛か?奪還か?」と題し、8月18日午前11時に、WOWOWプライムで生中継。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});