(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の第5話が8日放送され、深田と、田中みな実のセクシー対決に反響が寄せられている。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 三雲華(深田)を始め、代々盗みを家業にしてきた「Lの一族」が今回狙うのは、200億円の価値があると言われている伝説のダイヤ、ロミオ&ジュリエット。その持ち主は、甘い言葉とパンチラで男に巧みに近づき、金品を奪う女泥棒・双葉美羽(田中)。

 Lの一族が彼女の素性を洗い出す中、美羽はすでに、和馬(瀬戸康史)の先輩刑事・巻栄一(加藤諒)を虜に。ホテルに連れ込み、彼がシャワーを浴びるすきに財布を物色するも、期待外れに終わる。「あれじゃ、ただ眉毛が太いだけのシケた男じゃない!」と悔しそうに爪を噛む美羽。だがこの後、警察手帳を見つけて……。

 さらに美羽はこのあと、華の父である尊(渡部篤郎)をも色仕掛けに。とろけそうな目をしながら、ソルティードッグのグラスについた塩を一口なめて「……しょっぱい」と甘たるい声をささやき、ホテルに誘惑。酔いつぶれた尊をスタンガンで気絶させると、声も表情もいきなり豹変するなど、魔性の女ぶりをいかんなく発揮した。

 また和馬を捕らえた際、美羽は、網タイツ、そして胸元が大胆に開いた黒のボンテージを着て登場。鞭を振るいながら「男なんてね…みんなバカな生き物なのよ! ちょっとスキを見せればすぐ鼻息荒くしてホイホイついてくる」など、Sっ気たっぷりのセリフで沸かせた。

 そんな田中のセクシーさにSNS上は「大人の色気が爆発してるな」「惚れるわー」「たまらん」と大興奮。「ハマり役」「1話ゲストは勿体無い」と、再登場を願う声もあがった。

 さらにエンディングでは、華(深田)が、ボディラインがぴっちり分かる全身タイツの女泥棒として登場。美羽とアクションを交えて激しく戦いあうシーンが展開された。スタントなしでバトルする深田と田中の2人にユーザーは「美対美!」「美とエロスの頂上決戦じゃん 」「一生見てられる」など、至福の時を味わっていた。
《杉山実》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});